中3Sunshine(サンシャイン) Program7 Scenes 本文和訳

Program7

開隆堂 中学3年生 Sunshine(サンシャイン) Program7 Scenesの本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program7-1, 7-2, 7-3の解説はこちらからご覧ください。

>中3Sunshine Program7 Part1 本文和訳

>中3Sunshine Program7 Part2 本文和訳

>中3Sunshine Program7 Part3 本文和訳

Program7 Scenes 本文と日本語訳

There are too many things here!

「ここは物が多すぎるね!」

I have to clean up this room.

「この部屋を片付けないとね。」

If I were you, I would ask someone to help.

「もし私があなただったら,誰かに手伝ってって頼むけどなあ。」

Can you help me?

「手伝ってくれない?」

I’m tired. Can we have a break?

「疲れた。休憩しない?」

Yes. We have been working hard.

「そうね。私たちは一生懸命働き続けているわ。」

I want something to eat.

「何か食べ物が欲しいな。」

If I had some snacks, I would feel better.

「もし軽食があったら,気分も良くなるのになあ。」

Look. Something bright is flying in the sky!

「見て。明るい何かが空を飛んでいるよ!」

What? Where is it?

「何?それどこ?」

Is that a UFO? I wish I had a camera with me.

「あれはUFO?カメラを持っていたらなあ。」

I don’t see anything.

「何も見えないよ。」

You must be tired.

「疲れているに違いないね。」

Program7 Scenes 重要事項の解説

There are too many things here!

ここでは「there構文」が使われていますね。

“too”「~すぎる」という副詞で,“thing”「もの,こと」という名詞ですね。

直訳すると「ここには多すぎる物がある」となります。

I have to clean up this room.

“have to 動詞の原形”「~しなければならない」という意味ですね。

“clean up”「を綺麗に掃除する,片付ける」という意味になります。

If I were you, I would ask someone to help.

この文では「仮定法過去」が使われていますね。

“ask 人 to 動詞の原形”「人に~するよう頼む」という重要表現になります。

“someone”「誰か」という代名詞ですね。

Can you help me?

“Can you~?”「~してくれませんか」という依頼する重要表現ですね。“Can”の代わりに“Will”を使ってもOKです。

また,“Could”“Would”を使うこともできて,その場合は「~していただけませんか」とより丁寧な表現になります。

I’m tired. Can we have a break?

“have a break”「休憩する」という意味になります。

Yes. We have been working hard.

この文では「現在完了進行形」が使われていますね。

“hard”「一生懸命に」という副詞になります。

I want something to eat.

“something”「何か」という代名詞です。

“to eat”「不定詞の形容詞的用法」になっていて,“something”を修飾していますね。

この文は不定詞の形容詞的用法で頻出なので,丸ごと覚えてしまいましょう!

If I had some snacks, I would feel better.

この文でも「仮定法過去」が使われていますね。

“some”「いくつかの」という形容詞で,“snack”「軽食」という名詞です。

“feel better”「気分がより良くなる,すっきりする」という表現ですね。

Look. Something bright is flying in the sky!

“bright”「明るい,眩しい」という形容詞です。“-thing”という代名詞を修飾するときは,後ろに形容詞を置いてあげますよ!

この文では「現在進行形」が使われていますね。

“fly”「飛ぶ」という動詞です。

Is that a UFO? I wish I had a camera with me.

この文でも「仮定法過去」が使われていますね。

I don’t see anything.

“anything”は否定文で使うと「何も~ない」という意味になります。

You must be tired.

“must”は助動詞で「~しなければならない」と訳すことが多いですが,“must be~”の形の場合,「~に違いない」という意味もあります。

どちらもしっかりと覚えておきましょう。

Program7 Scenes まとめ

以上がProgram7 Scenesの日本語訳となります。

「仮定法過去」の使い方を確実にマスターしましょう!

>中3Sunshine Program7 Part1 本文和訳

>中3Sunshine Program7 Part2 本文和訳

>中3Sunshine Program7 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program7中3sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント