中3NEW HORIZON(ニューホライズン) Let’s Read3 本文和訳

Let's read

東京書籍 中学3年生 NEW HORIZON(ニューホライズン) Let’s Read3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Let’s Read1, 2の解説はこちらからご覧ください。

>中3NEW HORIZON Let’s Read1 本文和訳

>中3NEW HORIZON Let’s Read2 本文和訳

  1. Let’s Read3 本文と日本語訳
  2. Let’s Read3 重要事項の解説
    1. A Graduation gift from Steve Jobs.
    2. Today I will tell you three stories from my life.
    3. Story 1 is about “connecting the dots.”
    4. After high school, I attended college, but I never graduated.
    5. I had no idea what I wanted to do with my life, so I decided to drop out.
    6. It was scary at the time, but now I know it was one of my best decisions.
    7. I loved the artistic posters I saw at college, so I decided to learn calligraphy.
    8. Ten years later, I put calligraphy into the Mac.
    9. The dots of my life were connected, from my college interest to Apple computers.
    10. So here’s my advice to you.
    11. Trust that the dots will somehow connect in your future.
    12. Trust yourself.
    13. It makes all the difference.
    14. Story 2 is about love and loss.
    15. Early in my life, I found something I loved to do.
    16. When I was only 20 years old, my friend Woz and I started Apple.
    17. We made computers in my parents’ garage and worked hard.
    18. In 10 years, Apple grew into a big company with 4000 employees.
    19. I was 30 years old and successful.
    20. Then I was fired from my own company.
    21. The focus of my life was gone.
    22. I didn’t know what to do.
    23. I thought about running away.
    24. But I still loved the thing I did.
    25. Getting fired did not change that.
    26. Though I didn’t see it then, getting fired was the best thing for me.
    27. Being successful was a heavy burden, but being a beginner again was light.
    28. It was one of the most creative times of my life.
    29. I started a company named Pixar.
    30. It became one of the most successful animation studios in the world.
    31. This happened because I was fired from Apple.
    32. Your work will be a large part of your life.
    33. You’ll be satisfied with only when you do great work.
    34. If you haven’t found the thing you love yet, keep looking for it.
    35. You’ll know when you find it.
    36. And it’ll get better and better as the years go on.
    37. I look in the mirror every morning and ask myself,
    38. “If today were the last day of my life, would I want to do the things I am planning to do today?”
    39. When the answer is often “No,” I know I need to change something.
    40. About a year ago, my doctor told me that I have cancer.
    41. No one wants to die.
    42. Time is limited, so here’s my advice to you.
    43. Don’t live someone else’s.
    44. Have courage and follow your heart.
    45. It already knows what you want.
    46. When I was young, I liked a magazine that ended with the words.
    47. “Stay Hungry, Stay Foolish.”
    48. I have always wished that for myself.
    49. As you graduate and begin a new life, I wish the same for you.
  3. Let’s Read3 まとめ

Let’s Read3 本文と日本語訳

A Graduation gift from Steve Jobs.

「スティーブ・ジョブズからの卒業祝い」

Today I will tell you three stories from my life.

「今日,私は私の人生の中から3つの話をしようと思います。」

Story 1 is about “connecting the dots.”

「1つ目は『点を繋ぐこと』についてです。」

After high school, I attended college, but I never graduated.

「高校の後,私は大学に行きましたが,一度も卒業していません。」

I had no idea what I wanted to do with my life, so I decided to drop out.

「自分の人生で何をしたいのかが分からなかったので,退学することに決めました。」

It was scary at the time, but now I know it was one of my best decisions.

「その時は恐ろしかったですが,今はそれがベストな決断の1つだったと分かります。」

I loved the artistic posters I saw at college, so I decided to learn calligraphy.

「私は大学で見た芸術的なポスターが気に入って,そのためカリグラフィーを学ぶと決めました。」

Ten years later, I put calligraphy into the Mac.

「10年後,私はMacにカリグラフィーを導入しました。」

It was the first computer with beautiful letters.

「Macは美しい文字を持つ最初のコンピューターでした。」

The dots of my life were connected, from my college interest to Apple computers.

「大学での興味からアップルのコンピューターまで,私の人生の点が繋がりました。」

So here’s my advice to you.

「だから,あなたへのアドバイスです。」

Trust that the dots will somehow connect in your future.

「点は将来に何らかの形で繋がると信じてください。」

Trust yourself.

「あなた自身を信じてください。」

It makes all the difference.

「それが大きな違いを生みます。」

Story 2 is about love and loss.

「2つ目は愛と喪失についてです。」

I was lucky.

「私は幸運でした。」

Early in my life, I found something I loved to do.

「人生の初めの方で,大好きなことを見つけました。」

When I was only 20 years old, my friend Woz and I started Apple.

「わずか20歳のときに,友人のウォズと私はアップルを設立しました。」

We made computers in my parents’ garage and worked hard.

「両親のガレージの中でコンピューターを作り,一生懸命働きました。」

In 10 years, Apple grew into a big company with 4000 employees.

「10年後,アップルは4000人の従業員を抱える大きな会社に成長しました。」

I was 30 years old and successful.

「私は30歳で成功しました。」

Then I was fired from my own company.

「その後,私は自分の会社に解雇されました。」

The focus of my life was gone.

「人生の目的がなくなりました。」

I didn’t know what to do.

「何をすべきかわかりませんでした。」

I thought about running away.

「逃げ出そうと考えました。」

But I still loved the thing I did.

「しかし私はそれでも自分がしたことを愛していました。」

Getting fired did not change that.

「解雇されてもそれは変わりませんでした。」

Though I didn’t see it then, getting fired was the best thing for me.

「そのときはそのことを見えてなかったのですが,解雇されたことは私にとって最も良いことでした。」

Being successful was a heavy burden, but being a beginner again was light.

「成功することは重荷でしたが,再び一から始めることは軽いものでした。」

It was one of the most creative times of my life.

「それは私の人生の中で最も創造的な時間の1つでした。」

I started a company named Pixar.

「私はピクサーという名前の会社を設立しました。」

It became one of the most successful animation studios in the world.

「ピクサーは世界で最も成功したアニメスタジオの1つになりました。」

This happened because I was fired from Apple.

「私がアップルを解雇されたからこのことが起こりました。」

So here’s my advice to you.

「だから,あなたへのアドバイスです。」

Your work will be a large part of your life.

「あなたの仕事はあなたの人生の大部分を占めるでしょう。」

You’ll be satisfied with only when you do great work.

「あなたは素晴らしい仕事をするときだけ満足するでしょう。」

If you haven’t found the thing you love yet, keep looking for it.

「もしまだあなたが愛することを見つけていないなら,それを探し続けてください。」

You’ll know when you find it.

「それを見つけたとき分かると思います。」

And it’ll get better and better as the years go on.

「そして年が経つにつれて,より良いものになっていくでしょう。」

Story 3 is about death.

「3つ目は死についてです。」

I look in the mirror every morning and ask myself,

「私は毎朝鏡を見て,自分自身に問います,」

“If today were the last day of my life, would I want to do the things I am planning to do today?”

「『もし今日が人生最後の日だとしたら,今日やろうと計画していたことをしたいだろうか。』と。」

When the answer is often “No,” I know I need to change something.

「その答えが頻繁に『いいえ。』になるとき,私は何かを変える必要があると分かります。」

About a year ago, my doctor told me that I have cancer.

「約1年前,医者が私に癌があると言いました。」

No one wants to die.

「誰も死にたくはありません。」

Time is limited, so here’s my advice to you.

「時間は限られているので,あなたへのアドバイスです。」

Don’t live someone else’s.

「他の誰かの人生を生きないでください。」

Have courage and follow your heart.

「勇気をもって自分の心に従ってください。」

It already knows what you want.

「あなたの心はあなたが欲しているものをすでに知っています。」

When I was young, I liked a magazine that ended with the words.

「私は若いとき,ある言葉で終わる雑誌が好きでした。」

“Stay Hungry, Stay Foolish.”

『空腹であれ,馬鹿であれ。』

I have always wished that for myself.

「私はいつも自分自身にそのことを望んでいます。」

As you graduate and begin a new life, I wish the same for you.

「あなたは卒業して新しい人生を始めるので,あなたにも同じことを望みます。」

Stay Hungry, Stay Foolish.

「空腹であれ,馬鹿であれ。」

勉強質問ラクモンRakumon-先生が問題の答えチャット解説

勉強質問ラクモンRakumon-先生が問題の答えチャット解説

ラクモン株式会社無料posted withアプリーチ

Let’s Read3 重要事項の解説

A Graduation gift from Steve Jobs.

graduation「卒業」gift「贈り物」という名詞ですね。

“graduation gift”「卒業祝い」となります。

Today I will tell you three stories from my life.

“tell 人 もの”「人にものを言う,伝える」となって,“tell もの to 人”でも同じ意味になります。

他には“teach”, “show”, “give”などが同じ使い方をできるので必ず書き換えられるようにしておきましょう。

“life”「人生,生活」という名詞です。

Story 1 is about “connecting the dots.”

“connect”「を繋げる」という動詞で,“dot”「点」という名詞です。

“connecting”「動名詞」になっていますね。

After high school, I attended college, but I never graduated.

“attend”「に出席する」“graduate”「卒業する」という動詞です。

“college”「大学」で,“attend college”「大学に行く」という意味になります。

I had no idea what I wanted to do with my life, so I decided to drop out.

この文では「間接疑問文」が使われていまねす。

“have no idea”「が分からない」“decide to 動詞の原形”「~することに決める」という重要表現です。

“so”「だから」という接続詞で,“drop out”「落ちる,退学する」という意味になります。

It was scary at the time, but now I know it was one of my best decisions.

“It”“to drop out(退学すること)”を指しています。“scary”「恐ろしい」という形容詞です。

“know”の後ろには接続詞”that”が省略されていますね。

“one of 名詞の複数形”「~の1つ」という表現で,“decision”「決断」という名詞です。

また,“good”「最上級」である“best”も使われています。

I loved the artistic posters I saw at college, so I decided to learn calligraphy.

ここでは「目的格の関係代名詞」が使われていますね。

“I saw at college”が先行詞“the artistic posters”を修飾しています。関係代名詞”that/which”は省略されていますね。

“artistic”「芸術的な」という形容詞で,“poster”「ポスター」という名詞です。

“learn”「を学ぶ,習得する」という動詞で,“calligraphy”「カリグラフィー」という,文字の書体などを学ぶ科目です。

Ten years later, I put calligraphy into the Mac.

“later”「~後に,のちに」という副詞です。

“put A into B”「AをBに入れる」といった意味で,今回は「導入する」としました。

The dots of my life were connected, from my college interest to Apple computers.

この文では「受動態」が使われていますね。

“interset”「興味,関心」という名詞で,“from A to B”「AからBまで」という重要表現です。

So here’s my advice to you.

“here’s~”「これが~だ,ここに~がある」といった意味になります。

“advice”「アドバイス,助言」という名詞ですね。

Trust that the dots will somehow connect in your future.

この文は「命令文」になっていますね。

“trust”「を信頼する」という動詞で,後ろには「接続詞that」が使われていますね。

“somehow”「何らかの形で,どういうわけか」という副詞です。

Trust yourself.

この文も「命令文」になっていますね。

“yourself”などの“~self”という単語は再帰代名詞と言い,主語と目的語が同じ場合,目的語は再帰代名詞を使って表します。

この文は“You trust you.”となるので,後ろの“you”“yourself”となります。

It makes all the difference.

“It”直前の文全体を指しています。

“make a difference”「違いを生む」という意味で,“make all the difference”で「大きな違いを生む」となります。

Story 2 is about love and loss.

“loss”「失うこと,喪失」という名詞です。

Early in my life, I found something I loved to do.

“early”「早く,初期に」という副詞ですね。

“found”“find(を見つける)”の過去形で,“something”「何か」という代名詞です。

ここでも「目的格の関係代名詞」が使われていますね。

“I loved to do”が先行詞“something”を修飾しています。関係代名詞”that/which”は省略されていますね。

“to do”「不定詞の名詞的用法」になっています。

When I was only 20 years old, my friend Woz and I started Apple.

この文では「接続詞when」が使われていますね。

“only”「たった~だけ,~しか」といった強調を表す副詞になります。

“start”「を設立する」という意味もありますよ。

We made computers in my parents’ garage and worked hard.

名詞に‘sを付けると「~の」という所有を表します。

直前の名詞が複数形のときは” teachers “のようにアポストロフィーだけを最後に付けます。

“garage”「ガレージ,車庫」といった名詞です。

In 10 years, Apple grew into a big company with 4000 employees.

“in 数字”「~後に」という表現です。今回は「10年後に」となりますね。

“grow into~”「成長して~になる」という表現になります。

“company”「会社」“employee”「従業員」という名詞です。

I was 30 years old and successful.

“successful”「成功した」という形容詞です。

Then I was fired from my own company.

この文では「受動態」が使われていますね。

“then”「それから,そのとき,それでは」といった意味の副詞です。文に応じて柔軟に訳してあげてください。

“fire”「を解雇する」という動詞で,“own”「自身の」という形容詞になります。

The focus of my life was gone.

この文でも「受動態」が使われていますね。

“focus”「焦点」という名詞です。今回は「目的」と訳しました。

“gone”「なくなる,去る」といったニュアンスになります。

I didn’t know what to do.

この文は「疑問詞+不定詞」が使われていますね。

I thought about running away.

“think about~”「~について考える」という意味です。

“run away”「逃げ出す」という意味で,ここでは「動名詞」になっていますね。

But I still loved the thing I did.

“still”「まだ,いまだに」という副詞になります。“thing”「もの,こと」という名詞ですね。

ここでも「目的格の関係代名詞」が使われていますね。

“I did”が先行詞“the thing”を修飾しています。関係代名詞”that/which”は省略されていますね。

Getting fired did not change that.

“get fired”「解雇される」という意味です。ここでは「動名詞」になっていますね。

“that”「自分がしたことをいまだに愛しているということ」を指しています。

Though I didn’t see it then, getting fired was the best thing for me.

“though”「~にもかかわらず」という接続詞です。“then”「そのとき」という副詞になります。

“it”は直前の文全体を指していますね。

“getting fired”「動名詞」になっています。

Being successful was a heavy burden, but being a beginner again was light.

“Being successful”“being a beginner”「動名詞」になっています。

“burden”「負担,重荷」“beginner”「初心者」という名詞で,“again”「また,再び」という副詞です。

“light”「軽い」という形容詞で,“heavy”の対義語ですね。

It was one of the most creative times of my life.

“it”“being a beginner again”を指していますね。

“one of 最上級 名詞の複数形”「最も~のうちの1つ」という「比較の応用表現」です。

“creative”「独創的な,創造的な」という形容詞です。

I started a company named Pixar.

この文の“named”「過去分詞」ですね。

“name”「と名付ける」という動詞です。

It became one of the most successful animation studios in the world.

“It”“Pixar”を指していますね。

“one of 最上級 名詞の複数形”「最も~のうちの1つ」という「比較の応用表現」です。

This happened because I was fired from Apple.

“This”直前の文全体を指していますね。“happen”「が起こる」という動詞です。

また,この文では「接続詞because」「受動態」が使われていますね。

Your work will be a large part of your life.

“large”「大きな,広い」という形容詞で,“part”「部分」という名詞です。

“a part of~”「~の一部」という意味になります。

You’ll be satisfied with only when you do great work.

この文では「接続詞when」が使われていますね。

“be satisfied with~”「~に満足する」という重要表現です。必ず覚えておきましょう!

“work”「仕事」という名詞ですね。

If you haven’t found the thing you love yet, keep looking for it.

この文では接続詞if」「現在完了」が使われていますね。“yet”「まだ,もう」という副詞です。

また,「目的格の関係代名詞」も使われています。

“you love”が先行詞“the thing”を修飾しています。関係代名詞”that/which”は省略されていますね。

“keep 動詞のing形”「~し続ける」という意味です。“look for~”「を探す」ですね。

“it”“the thing you love”を指しています。

You’ll know when you find it.

この文では「接続詞when」が使われていますね。

“it”“the thing you love”を指しています。

And it’ll get better and better as the years go on.

“it”“the thing you love”を指しています。

“get 形容詞”「~になる」という意味で,“比較級 and 比較級”「ますます~」という重要表現です。今回は「より良いものになる」くらいでOKでしょう。

“as”「~につれて」という接続詞です。“go on”「進む,経過する」といった意味になります。

I look in the mirror every morning and ask myself,

“mirror”「鏡」という名詞です。

“myself”などの“~self”という単語は再帰代名詞と言い,主語と目的語が同じ場合,目的語は再帰代名詞を使って表します。

この文は“I ask me.”となるので,後ろの“me”“myself”となります。

“ask”「~に聞く,尋ねる」という動詞ですね。

“If today were the last day of my life, would I want to do the things I am planning to do today?”

この文は「仮定法過去」になっています。

また,「目的格の関係代名詞」も使われています。

“I am planning to do”が先行詞“the things”を修飾しています。関係代名詞”that/which”は省略されていますね。

“plan”「を計画する」という動詞で,ここでは「現在進行形」になっています。

“to do”「不定詞の名詞的用法」になっています。

When the answer is often “No,” I know I need to change something.

この文では「接続詞when」が使われていますね。

“often”「よく,しばしば」と訳すことが多いですが,今回は「頻繁に」としました。

“need”「を必要とする」という動詞で,“to change”「不定詞の名詞的用法」になっています。

“something”「何か」という代名詞です。

About a year ago, my doctor told me that I have cancer.

“about”「約,およそ」という副詞です。

“tell 人 もの”「人にものを言う」ですが,「もの」に「接続詞that」を入れて文を繋げることもできます。

“cancer”「癌」という名詞です。

No one wants to die.

“no one”「誰も~ない」という否定的な表現になります。三人称単数扱いです。

“die”「死ぬ」という動詞ですね。

Time is limited, so here’s my advice to you.

この文でも「受動態」が使われていますね。

“limit”「を制限する」という動詞になります。

Don’t live someone else’s.

この文は「否定の命令文」ですね。

“someone”「誰か」という代名詞で,“else”「他の」という形容詞です。

名詞に‘sを付けると「~の」という所有を表します。

“else’s”の後ろにはおそらく“life”が省略されています。「他の誰かの人生を生きないように」という意味になります。

Have courage and follow your heart.

この文は「命令文」ですね。

“courage”「勇気」“heart”「心」という名詞です。

“follow”「に従う,ついていく」といった動詞になります。

It already knows what you want.

“It”“your heart”を指しています。

“already”「すでに,もう」という副詞ですね。

また,ここでは「間接疑問文」も使われています。

When I was young, I liked a magazine that ended with the words.

この文では「接続詞when」が使われていますね。

また,「主格の関係代名詞that」も使われています。

“ended with the words”が先行詞“a magazine”を修飾しています。

“magazine”「雑誌」という名詞で,“end”「終わる」という動詞です。

“end with~”「~で終わる」という意味になります。

“Stay Hungry, Stay Foolish.”

“foolish”「愚かな」という形容詞です。

今回は「空腹であれ,馬鹿であれ」と訳しました。

I have always wished that for myself.

この文では「現在完了」が使われていますね。

“wish”「を願う」という動詞で,“that”“Stay Hungry, Stay Foolish.”を指しています。

最後も“for me”ではなく再帰代名詞を使って“for myself”になっていますね。

As you graduate and begin a new life, I wish the same for you.

“as”は接続詞で「~ので」という意味です。

“same”は代名詞で「同じこと」といった意味になります。

Let’s Read3 まとめ

以上がLet’s Read3の日本語訳となります。

ここでは今までに習った文法がたくさん使われていますね。どれも大切な文法なのでしっかり理解していきましょう!

>中3NEW HORIZON Let’s Read1 本文和訳

>中3NEW HORIZON Let’s Read2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Let's read中3NEW HORIZON 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント