中3Sunshine(サンシャイン) Program1 Scenes 本文和訳

Program1

開隆堂 中学3年生 Sunshine(サンシャイン) Program1 Scenesの本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program1-1, 1-2,1-3の解説はこちらからご覧ください。

>中3Sunshine Program1 Part1 本文和訳

>中3Sunshine Program1 Part2 本文和訳

>中3Sunshine Program1 Part3 本文和訳

「部活が忙しくて塾に行く暇がない…」「できるだけ費用を抑えて勉強したい…」といった悩みを抱えているあなた!

勉強を頑張りたいという意欲はあるのに,時間や金銭的な問題でそれができないというのは一番つらいですよね。でもそれがなら解決できちゃいます!

月額1,815円で5教科すべての講座が見放題で,自分のペース効率よく勉強できます。しかも途中解約した場合は残りの月額分がすべて返金されるので,必要なくなった時にはいつでもやめられます。

14日間の無料体験もできるので,一度登録してみてあなたが知りたい単元だけ見てみるのもアリだと思いますよ!

Program1 Scenes 本文と日本語訳

Do we have English homework today?

「今日,英語の宿題をやらないといけない?」

Yes. Mr. Oka told us to write a speech.

「うん。岡先生がスピーチの原稿を書くようにって言ってたよ。」

Ben! Please help me!

「ベン!手伝って!」

OK. Let’s do it together.

「OK。一緒にやろう。」

How can I learn Japanese?

「どうすれば日本語を学べる?」

You should read Japanese books.

「日本語の本を読むべきよ。」

It’s difficult for me to read kanji.

「僕にとって漢字を読むのが難しいんだ。」

Don’t worry! I’ll give you a helpful book.

「心配しないで!役立つ本をあなたにあげるわ。」

Hello, Ben. Do you want to do something together next Sunday?

「こんにちは,ベン。来週の日曜日に一緒に何かしない?」

Yes! How about a picnic?

「いいね!ピクニックはどう?」

I’m afraid that it will rain.

「残念だけど雨みたいよ。」

Why don’t we go to a movie, then?

「それじゃあ,映画を観にいくのはどう?」

Program1 Scenes 重要事項の解説

Do we have English homework today?

“have to~”「~しなければならない」という重要表現ですね。

疑問文,否定文のときは「一般動詞」と同じ文の作り方をします。

Yes. Mr. Oka told us to write a speech.

“tell 人 to 動詞の原形”「人に~するよう言う,伝える」という重要表現です。

他にも“ask 人 to 動詞の原形”「人に~するよう頼む」“want 人 to 動詞の原形”「人に~してほしい」という表現もあります。

どれもよく使うので,必ず覚えましょう!

It’s difficult for me to read kanji.

この文では“it is ~ (for 人) to…”「(人にとって)…するのは~だ」という「it to構文」が使われていますね。必ず押さえておきましょう!

Don’t worry! I’ll give you a helpful book.

“Don’t worry.”「否定の命令文」「心配しないで」という重要表現ですね。

“give 人 もの”「人にものをあげる」となって,“give もの to 人”でも同じ意味になります。

他には“teach”, “tell”, “show”などが同じ使い方をできるので必ず書き換えられるようにしておきましょう。

“helpful”「役に立つ」という形容詞です。

Hello, Ben. Do you want to do something together next Sunday?

“want to 動詞の原形”「~したい」という重要表現です!「不定詞の名詞的用法」と一緒に確認しておきましょう。

“something”「何か」という漠然とした「もの」を指します。

Yes! How about a picnic?

“How about~?”「~はどうですか」という提案を表す表現です。必ず覚えましょう!

I’m afraid that it will rain.

“be afraid that~”“that”以下に「良くない内容」を続けることで,「~と思う,残念ながら~」といった意味になります。

悪いことが起こるといったニュアンスで使う表現ですね。

反対に良いことが起こるといったニュアンスにするときは,“hope that~”を使います。

Why don’t we go to a movie, then?

Why don’t we~?「~しましょう」ですね。同じ意味で“Shall we~?”“Let’s 動詞の原形”もあるのでセットで覚えましょう!

“go to a movie”「映画を観にいく」ですね。他にも“go see a movie”, “go to see a movie”といった言い方もあります。

“then”「それから,そのとき,それでは」といった意味の副詞です。文に応じて柔軟に訳してあげてください。

Program1 Scenes まとめ

以上がProgram1 Scenesの日本語訳となります。

「不定詞」を使った表現がたくさん登場しているので,それぞれ確実にマスターしましょう!

>中3Sunshine Program1 Part1 本文和訳

>中3Sunshine Program1 Part2 本文和訳

>中3Sunshine Program1 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program1中3sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント