中3Sunshine(サンシャイン) Program2 Part1 本文和訳

Program2

開隆堂 中学3年生 Sunshine(サンシャイン) Program2 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program2-Scenes, 2-2,2 -3の解説はこちらからご覧ください。

>中3Sunshine Program2 Scenes 本文和訳

>中3Sunshine Program2 Part2 本文和訳

>中3Sunshine Program2 Part3 本文和訳

Program2 Part1 本文と日本語訳

Ms. Miller: You look sleepy today, Ken.

「ケン,あなたは今日眠そうね。」

Ken: I slept only four hours last night.

「昨日の夜4時間しか寝てないんです。」

Ms. Miller: Only four hours? You should know how sleep affects our health.

「たった4時間?あなたは睡眠が健康にどう影響するのか知るべきだわ。」

I don’t think a lot of Japanese people sleep enough.

「日本人の多くは十分に寝ていないと思うの。」

Ken: Really? How long do people usually sleep in your country?

「本当ですか?先生の国ではふつうどれくらい寝ているんですか?」

Ms. Miller: I have no idea, but many doctors say we need to sleep at least six hours a day.

「分からないけど,多くの医者が1日に最低6時間は寝る必要があるって言っているわ。」

Ken: Then I’ll sleep eight hours tonight.

「それじゃあ,今夜は8時間寝ます。」

Ms. Miller: Wait. I’ve heard you can’t make up for lack of sleep later.

「待って。あとで睡眠不足を補うことはできないって聞いたことがあるわ。」

Program2 Part1 重要事項の解説

You look sleepy today, Ken.

“look 形容詞”「~そうに見える」という重要表現です。

“sleepy”「眠い」という形容詞ですね。

I slept only four hours last night.

“only”「~しか,たった~だけ」という強調する副詞です。

Only four hours? You should know how sleep affects our health.

この文では「間接疑問文」が使われていますね。

“should”「~すべきだ,~なはずだ」という助動詞ですね。

“affect”「~に影響を与える」という動詞で,“health”「健康」という名詞になります。

I don’t think a lot of Japanese people sleep enough.

この文では「接続詞that」が省略されていますね。また,否定の内容にするときは必ず”that”の前を否定形にします。

“enough”「十分に」という副詞です。「十分な」という形容詞の意味もあります。発音は「イナフ」ですよ!

Really? How long do people usually sleep in your country?

“how long~?”「どのくらいの期間」という重要表現です。

“usually”「ふつう」という意味の頻度を表す副詞です。他には“always(いつも)”“often(よく)”“sometimes(時々)”“never(絶対にない)”などがあります。

頻度の感覚としては,always(100%)>usually(90%)>often(70%)>sometimes(50%)>never(0%)といった具合になります。

また,頻度を表す副詞はどこに置くのかも重要です。置く位置は,文章で使われている動詞によって変化します。

一般動詞の場合はその前be動詞の場合はその後ろに置きます。以下に例文を挙げておきます。

一般動詞:I usually play soccer on Saturdays.「土曜日にたいていサッカーをする」

be動詞:He is often sleepy.「彼はよく眠そうにしている」

I have no idea, but many doctors say we need to sleep at least six hours a day.

“I have no idea”「分からない」という重要表現になります。

また,この文でも「接続詞that」が省略されていますね。

“need to 動詞の原形”「~する必要がある」となります。「不定詞の名詞的用法」ですね。

“at least”「少なくとも,最低でも」という意味です。

また「年に〇回」など,特定の期間に〇回という表現をする場合は,“回数 a 期間”の形で表します。

年/月/週/日1/2/3回」=”once/twice/three times a year/month/week/day

3回目以降は”数字 times”と表現します。

Wait. I’ve heard you can’t make up for lack of sleep later.

この文では「現在完了の経験用法」が使われていますね。

また,この文でも「接続詞that」が省略されています。

“make up for~”「~を補う,埋め合わせる」という意味になります。

“lack”「不足」という名詞の意味と,「~が不足している」という動詞の意味がありますが,今回は名詞として使っています。“lack of~”「~不足」となります。

“later”「あとで」という副詞です。

この文はつまり,睡眠時間を貯金する寝溜めはできないということですね。

Program2 Part1 まとめ

以上がProgram2 Part1の日本語訳となります。

「現在完了」「間接疑問文」を使った表現がたくさん登場しているので,それぞれ確実にマスターしましょう!

>中3Sunshine Program2 Scenes 本文和訳

>中3Sunshine Program2 Part2 本文和訳

>中3Sunshine Program2 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program2中3sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント