中2Sunshine(サンシャイン) Program8 Part1 本文和訳

Program8

開隆堂 中学2年生 Sunshine(サンシャイン) Program8 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program8-Scenes, 8-2, 8-3の解説はこちらからご覧ください。

>中2Sunshine Program8 Scenes 本文和訳

>中2Sunshine Program8 Part2 本文和訳

>中2Sunshine Program8 Part3 本文和訳

Program8 Part1 本文と日本語訳

Daniel: This is our last day in Hiroshima.

「これが広島での最終日だね。」

Mao: Yes. We’ve been here for three days.

「うん。3日間ここにいるね。」

We’ve already learned a lot of things.

「もうたくさんのことを学んだわ。」

Daniel: Absolutely. I was moved by the Hiroshima Peace Memorial Park.

「間違いないね。僕は広島平和記念公園に心を動かされたよ。」

Mao: So was I.

「私も。」

I bought a souvenir. Take a look.

「私はお土産を買ったの。見て。」

Daniel: It looks like soap.

「石鹸みたいだね。」

Oh, it’s paper clay.

「あ,それは紙粘土だ。」

Mao: Recycled paper cranes are used in this clay.

「再生紙の鶴がこの粘土の中に使われているの。」

Daniel: Recycled paper cranes?

「再生紙の鶴?」

I’ve never heard of that.

「それは一度も聞いたことないな。」

Mao: Me neither.

「私もよ。」

But I thought it was interesting.

「でも面白いなって思ったわ。」

Program8 Part1 重要事項の解説

Yes. We’ve been here for three days.

この文では「現在完了の継続用法」が使われていますね。

「be動詞」には「存在」を表す意味もあります。

“for 数字”「~間」という表現ですね。

We’ve already learned a lot of things.

この文では「現在完了の完了用法」が使われていますね。

“already”「すでに,もう」という副詞で,“learn”「を学ぶ」という動詞です。

“thing”「もの・こと」という名詞になります。

Absolutely. I was moved by the Hiroshima Peace Memorial Park.

この文では「受動態」が使われていますね。

“absolutely”「絶対に,間違いなく」という副詞になります。

“move”「を動かす」という動詞ですが,「物を動かす」という意味の他に「心を動かす」という意味もあります。

今回は主語が“I”なので,受動態にして「心が動かされた」という形になっていますね。

“the Hiroshima Peace Memorial Park”「広島平和記念公園」です。

So was I.

「私も同じだ」と表現するときは,“So 動詞 I.”と言います。

動詞の部分は,直前の相手の発言に出てきた動詞によって変わります。be動詞ならbe動詞,一般動詞なら”do(does)/did”といった形ですね。時制も合わせますよ!

今回は直前の文が“was moved~”be動詞を使っているので,“was”になっています。

ちなみに“Me too.”も同じ意味ですが,“Me too.”の方は親しい間柄の相手に対して使います。

I bought a souvenir. Take a look.

“souvenir”「お土産」という名詞ですね。

“take a look”「見る,見てみる」という表現になります。

It looks like soap.

“It”“a souvenir”を指しています。

“look like 名詞”「名詞のように見える」という重要表現です。“soap”「石鹸」ですね。

“look”の後ろに形容詞を繋げる場合は,そのまま“look 形容詞”でOKです。意味は「~に見える」となります。

Oh, it’s paper clay.

“it”“a souvenir”を指しています。

“paper clay”「紙粘土」という意味です。

Recycled paper cranes are used in this clay.

“recycled paper”「再生紙」で,“crane”「鶴」ですね。

また,この文でも「受動態」が使われていますね。

I’ve never heard of that.

この文では「現在完了の経験用法」が使われていますね。

“heard”“hear(を聞く)”の過去分詞形で,“hear of~”「~について聞く」という意味になります。

“that”は直前の文全体を指しています。

Me neither.

“Me neither.”は否定文に対する同意の意味です。

But I thought it was interesting.

この文では「接続詞that」が省略されていますね。

“it”“Recycled paper cranes are used in this clay.”を指しています。

Program8 Part1 まとめ

以上がProgram8 Part1の日本語訳となります。

「現在完了」を確実にマスターしましょう!

>中2Sunshine Program8 Scenes 本文和訳

>中2Sunshine Program8 Part2 本文和訳

>中2Sunshine Program8 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program8中2sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント