中2Sunshine(サンシャイン) Program5 Part3 本文和訳

Program5

開隆堂 中学2年生 Sunshine(サンシャイン) Program5 Part3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program5-Scenes, 5-1, 5-2の解説はこちらからご覧ください。

>中2Sunshine Program5 Scenes 本文和訳

>中2Sunshine Program5 Part1 本文和訳

>中2Sunshine Program5 Part2 本文和訳

Program5 Part3 本文と日本語訳

I worked at a post office.

「僕は郵便局で働きました。」

On the third day, I went to a house on a hill with a mailman.

「3日目に,僕は配達員の人と一緒に丘の上にある家に行きました。」

We walked up the hill with a big package.

「僕たちは大きな荷物を持って丘を歩いて上がりました。」

It was a hot day, so we got all sweaty.

「厚い日だったので,汗びっしょりになりました。」

An old woman lived there alone.

「年配の女性がそこに1人で住んでいました。」

When we gave her the package, she found out it was from her son.

「彼女に荷物を渡すと,それが彼女の息子からのものだと分かりました。」

She looked very happy and thanked us many times.

「彼女はとても嬉しそうで,僕たちに何回もお礼を言いました。」

I was so glad to see that.

「僕はそれを見れてとても嬉しかったです。」

This work experience taught me the importance of working for others.

「この職場体験は僕に他の人のために働くことの大切さを教えてくれました。」

Program5 Part3 重要事項の解説

On the third day, I went to a house on a hill with a mailman.

“third”「3番目の」という序数ですね。つまり「3日目」となります。

“hill”「丘」“mailman”「郵便配達員」という名詞です。

“with”前置詞「~と一緒に」と訳すことが多いですが,必ずしも後ろに人が来るわけではありません。イメージとして「~とセットで」と覚えておきましょう。

訳し方としては「~を使って」「~で」など文脈に合わせて柔軟に変えてあげましょう。

We walked up the hill with a big package.

“walk up”「歩いて上がる」という意味になります。

“package”「荷物,小包」といった名詞です。

It was a hot day, so we got all sweaty.

“so”は接続詞で「だから」という意味です。

“get 形容詞”「~になる」という意味もあります。

“sweaty”「汗をかいた」という形容詞で,“all sweaty”「汗びっしょりの」となりますよ。

An old woman lived there alone.

“there”「そこに・で」という副詞ですね。そのため前置詞の“in”は必要ないですよ。

“alone”「1人で」という副詞になります。

When we gave her the package, she found out it was from her son.

この文では「接続詞when」が使われていますね。

“give 人 もの”「人にものをあげる」となって,“give もの to 人”でも同じ意味になります。

他には“teach”, “tell”, “show”などが同じ使い方をできるので必ず書き換えられるようにしておきましょう。

“find out~”「~だと分かる」という意味で,後ろには「接続詞that」が省略されていますね。

“son”「息子」という名詞になります。

She looked very happy and thanked us many times.

“look 形容詞”「~に見える,~そうだ」という重要表現になります。

“thank”「に感謝する,お礼を言う」という動詞で,“time”「回,時間」という名詞ですね。

I was so glad to see that.

“be glad to 動詞の原形”「~して嬉しい」という意味になります。

「不定詞の副詞的用法」が使われていますよ。

This work experience taught me the importance of working for others.

“work experience”「職場体験」ですね。

“teach 人 もの”「人にものを教える」となって,“teach もの to 人”でも同じ意味になります。先ほどの“give”と同じですね。

“importantance”「重要性,大切さ」という名詞です。“working”「動名詞」になっていて,“others”「他の人」という名詞になります。

“of”は前置詞で,”A of B”の形で「BのA」というように後ろから前に訳します。

Program5 Part3 まとめ

以上がProgram5 Part3の日本語訳となります。

「lookの使い方」「give, teachなどの使い方」を確実にマスターしましょう!

>中2Sunshine Program5 Scenes 本文和訳

>中2Sunshine Program5 Part1 本文和訳

>中2Sunshine Program5 Part2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program5中2sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント