中1Here We Go! Unit1 Part1 本文和訳

Unit1

光村図書 中学1年生 Here We Go! Unit1 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit1-2,1-3の解説はこちらからご覧ください。

>中1Here We Go! Unit1 Part2 本文和訳

>中1Here We Go! Unit1 Part3 本文和訳

Unit1 Part1 本文と日本語訳

Tina: I’m lost.

「道に迷っちゃった。」

Eri: I’m a student here.

「私はここの生徒だよ。」

Tina: Thanks. I’m Tina.

「ありがとう。私はティナです。」

Eri: I’m Eri. Nice to meet you.

「私はエリだよ。よろしくね。」

Kota: I’m Kotaro. Call me Kota.

「僕はコウタロウだよ。コウタって呼んで。」

Unit1 Part1 重要事項の解説

I’m lost.

“lost”“lose(を失う)”という動詞の過去形・過去分詞形として使われることが多いですが,形容詞「道に迷った」という意味もあります。

“主語+be動詞+形容詞”で主語の性質や状態を表します。be動詞は別記事で詳しく説明しているのでそちらもご覧ください!

<英文法解説>be動詞

I’m a student here.

この文が英語の基礎であるbe動詞の代表的な使い方ですね。ここをまずは必ず理解するようにしましょう。

<英文法解説>be動詞

Nice to meet you.

“Nice to meet you.”はよく使う英語ですね。初対面の人に対して使うフレーズです。

意味は「初めまして,よろしく」となります。

“Nice to meet you.”と言われたら“Nice to meet you, too.(こちらこそよろしく)”と返してあげます。

Call me Kota.

“call”「を呼ぶ,に電話をかける」という動詞です。

また,“call A B”「AをBと呼ぶ」という表現にもなります。使う場面が多い表現なのでしっかり覚えておきましょう!

さらに,文章を動詞から始めてあげると命令文になります。「~しなさい,~して」といった具合に訳してあげます。

そのため今回は「私をコウタと呼んで」となります。

Unit1 Part1 まとめ

以上がUnit1 Part1の日本語訳となります。

最初ということで,大切なのは英語の基礎であるbe動詞の使い方を確実に理解することです。ここをマスターできれば,今後の英語学習が格段にラクになりますよ!

>中1Here We Go! Unit1 Part2 本文和訳

>中1Here We Go! Unit1 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit1中1Here We Go! 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント