中1NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit7 Part1 本文和訳

Unit7

東京書籍 中学1年生 NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit7 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit7-2,7-3の解説はこちらからご覧ください。

>中1NEW HORIZON Unit7 Part2 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit7 Part3 本文和訳

令和4年度版 NEW HORIZON English Course 1  [令和3年度改訂] 中学校用 文部科学省検定済教科書 [英語701] 東京書籍

Unit7 Part1 本文と日本語訳

Preview

This is Diane Kichijitsu.

「こちらはダイアン・キチジツさんだよ。」

Do you know her? She’s a rakugo performer.

「彼女を知ってる?落語家なんだ。」

I don’t know her.

「彼女のことは知らないわ。」

Which does she speak, English or Japanese?

「英語と日本語のどっちを話すの?」

She usually speaks English, but she sometimes speaks Japanese.

「ふつうは英語を話すけど,時々日本語を話すよ。」

Look at the man in this picture.

「この写真の中の男性を見てください。」

Do you know him? He’s Euan Craig from Australia.

「彼を知っていますか?彼はオーストラリア出身のユアン・クレイグさんです。」

He makes pottery.

「彼は陶器を作ります。」

His pieces are beautiful and useful.

「彼の作品は美しく役立ちます。」

You can see and buy them at Mashiko Pottery Festival.

「それらはマサヒコ陶芸祭りで見て買うことができます。」

This is Diane Kichijitsu.

「こちらはダイアン・キチジツさんです。」

She’s a rakugo performer from the UK.

「彼女はイギリス出身の落語家です。」

She lives in Japan and performs in many places.

「彼女は日本に住んでいて,多くの場所で上演しています。」

My grandfather enjoys her shows.

「僕の祖父は彼女のショーを楽しんでいます。」

I want to see her someday.

「いつか彼女に会いたいです。」

Unit7 Part1 重要事項の解説

Do you know her? She’s a rakugo performer.

“her”所有格「彼女の」目的格「彼女を・に」という意味になる代名詞ですね。

目的語の位置に単体で置けるのは目的格になります。また,日本語の意味を考えても「彼女を」が適切ですね。

“performer”「演者」という名詞で,“rakugo performer”「落語家」となります。

Which does she speak, English or Japanese?

“which”「どちらを」という疑問詞ですね。

She usually speaks English, but she sometimes speaks Japanese.

“but”「しかし」という重要な接続詞ですね。

usually「ふつう,普段は」sometimes「時々」という意味の頻度を表す副詞です。他にはalways(いつも)”“often(よく)”“never(絶対にない)”などがあります。

頻度の感覚としては,always(100%)>usually(90%)>often(70%)>sometimes(50%)>never(0%)といった具合になります。

また,頻度を表す副詞はどこに置くのかも重要です。置く位置は,文章で使われている動詞によって変化します。

一般動詞の場合はその前be動詞の場合はその後ろに置きます。以下に例文を挙げておきます。

一般動詞:I usually play soccer on Saturdays.「土曜日にたいていサッカーをする」

be動詞:He is often sleepy.「彼はよく眠そうにしている」

Look at the man in this picture.

この文は「命令文」になっていますね。

Do you know him? He’s Euan Craig from Australia.

“him”「彼を・に」という目的格の代名詞です。

“from”「~から」という前置詞で,今回は国名とセットなので出身を表します。

He makes pottery.

“pottery”「陶器,陶芸」という名詞ですね。

His pieces are beautiful and useful.

“his”所有格「彼の」所有代名詞「彼のもの」という意味ですね。

後ろに名詞を置けるのは所有格になります。また,日本語の意味を考えても「彼の」が適切ですね。

“piece”「作品」という名詞で,“beautiful”「美しい」“useful”「役に立つ」という形容詞になります。

You can see and buy them at Mashiko Pottery Festival.

“can”は助動詞で「~できる」という意味ですね。

“them”目的格「彼ら(それら)を・に」という意味になる代名詞ですね。

She lives in Japan and performs in many places.

“perform”「上演する,演じる」という動詞です。

“place”「場所」という名詞ですね。

My grandfather enjoys her shows.

“my”所有格「私の」という意味になる代名詞で,“her”所有格「彼女の」目的格「彼女を・に」という意味になる代名詞ですね。

後ろに名詞を置いてセットにできるのは所有格になります。また,日本語の意味を考えても「私の」「彼女の」が適切ですね。

I want to see her someday.

“want to 動詞の原形”「~したい」という重要表現です!「不定詞の名詞的用法」と一緒に確認しておきましょう。

“see”「を見る,に会う」という意味があります。今回は「会う」としました。

この文の“her”「彼女を・に」という目的格の代名詞です。

“someday”「いつか」という副詞ですね。

Unit7 Part1 まとめ

以上がUnit7 Part1の日本語訳となります。

ここでは「人称代名詞」が重要です。それぞれ意味と使い方をしっかりと理解しておきましょう!

>中1NEW HORIZON Unit7 Part2 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit7 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit7中1NEW HORIZON 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント