中1NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit5 Part1 本文和訳

Unit5

東京書籍 中学1年生 NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit5 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit5-2,5-3の解説はこちらからご覧ください。

>中1NEW HORIZON Unit5 Part2 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit5 Part3 本文和訳

令和4年度版 NEW HORIZON English Course 1  [令和3年度改訂] 中学校用 文部科学省検定済教科書 [英語701] 東京書籍

Unit5 Part1 本文と日本語訳

Josh: This park is usually quiet, but it’s very crowded today!

「この公園は普段は静かなんだけど,今日はとても混雑しているね!」

Asami: Do you often come here?

「ここにはよく来るの?」

Josh: Yes. I jog with my dog around the pond.

「うん。池の周りを犬とジョギングするんだ。」

Josh: Look! Meg is by the bench.

「見て!メグがベンチのそばにいるよ。」

Over there. The bench under the tree.

「あそこ。木の下のベンチ。」

Asami: Oh. Hi, Meg! Nice yukata.

「やあ,メグ!良い浴衣だね。」

I like your hair, too.

「髪型もいいね。」

Meg: Thank you.

「ありがとう。」

Josh: Where’s Kaito?

「カイトはどこ?」

Meg: Look at the people on the stage.

「舞台上にいる人を見て。」

The boy in the black yukata is Kaito.

「黒い浴衣を着ているのがカイトだよ。」

Unit5 Part1 重要事項の解説

This park is usually quiet, but it’s very crowded today!

“quiet”「静かな」“crowded”「混雑した」という形容詞になります。

usually「普段は」という意味の頻度を表す副詞です。他にはalways(いつも)”“often(よく)”“sometimes(時々)”“never(絶対にない)”などがあります。

頻度の感覚としては,always(100%)>usually(90%)>often(70%)>sometimes(50%)>never(0%)といった具合になります。

また,頻度を表す副詞はどこに置くのかも重要です。置く位置は,文章で使われている動詞によって変化します。

一般動詞の場合はその前be動詞の場合はその後ろに置きます。以下に例文を挙げておきます。

一般動詞:I usually play soccer on Saturdays.「土曜日にたいていサッカーをする」

be動詞:He is often sleepy.「彼はよく眠そうにしている」

Do you often come here?

“often”「よく,しばしば」という副詞ですね。

置く位置や程度は先ほどの説明を参考にしてください。

Yes. I jog with my dog around the pond.

“jog”「ジョギングする,ゆっくり走る」といった動詞になります。

“with”前置詞「~と一緒に」と訳すことが多いですが,必ずしも後ろに人が来るわけではありません。イメージとして「~とセットで」と覚えておきましょう。

訳し方としては「~を使って」「~で」など文脈に合わせて柔軟に変えてあげましょう。

“around”「~の周りで」という前置詞で,“pond”「池」という名詞です。

Look! Meg is by the bench.

“by”「~のそばに」という前置詞になります。

ただ,他にも色々な意味があるので以下にまとめておきます。どれも重要なのでしっかり覚えましょう!

1.受動態とセットで「~によって」

2.”by+乗り物”で「交通手段」

3.「~までに」という期限

4.「~のそばに」という場所を表す

Over there. The bench under the tree.

“over there”「あそこで」という表現です。

“under”「~の下で」という前置詞ですね。

I like your hair, too.

“like”「~が好きだ」という訳で当てはまりにくいときは,「を気に入る」くらいで訳してあげると綺麗な日本語になりやすいです。

“, too”は文末に付けると「~も」という意味になりますね。

Where’s Kaito?

“where”「どこで・に」という疑問詞ですね。

「be動詞」“is”「存在」の意味で使われています。

Look at the people on the stage.

この文は「命令文」になっていますね。

“on”「~の上に」という前置詞で,“stage”「舞台,ステージ」という名詞です。

The boy in the black yukata is Kaito.

“in 衣服”の形で「(服)を着ている」という意味になります。直前の“The boy”を修飾していますね。

Unit5 Part1 まとめ

以上がUnit5 Part1の日本語訳となります。

ここでは「前置詞」を使った表現が多く登場しました。それぞれの意味をしっかりと覚えておきましょう!

>中1NEW HORIZON Unit5 Part2 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit5 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit5中1NEW HORIZON 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント