中1NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson1 Part2 本文和訳

Lesson1

三省堂 中学1年生 NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson1 Part2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Lesson1-1,1-3の解説はこちらからご覧ください。

>中1NEW CROWN Lesson1 Part1 本文和訳

>中1NEW CROWN Lesson1 Part3 本文和訳

Lesson1 Part2 本文と日本語訳

Wakaba J.H.S. Student Journal

「若葉中学校 学生新聞」

Question and Answer

「質問と回答」

1. Are you interested in Japanese comics?

「先生は日本のマンガに興味はありますか?」

– Yes, I am. I like Dragon Ball.

「あります。ドラゴンボールが好きです。」

2. Do you know any Japanese songs?

「何か日本の歌は知っていますか?」

– Yes, I do. I often sing J-pop songs.

「はい。よくJ-popを歌います。」

3. Do you play any sports?

「何かスポーツをしますか?」

– No, I don’t. I often watch football.

「いいえ。サッカーをよく見ます。」

Lesson1 Part2 重要事項の解説

Are you interested in Japanese comics?

この文が英語の基礎であるbe動詞を使った疑問文ですね。ここをまずは必ず理解するようにしましょう。

<社会人の英文法学び直し>be動詞

また,“be interested in~”「~に興味がある」という重要表現です。必ず覚えましょう!

Do you know any Japanese songs?

この文は「一般動詞」を使った疑問文になっていますね。

“any”「何か,いくつかの」という意味で,たくさんはないけど複数あることを意味します。

そして“any”の後ろには,数えられる名詞(可算名詞)と数えられない名詞(不可算名詞)のどちらも置くことができます。

また,“any”は普通の文(肯定文)のときには使えず,その場合は”any”の代わりに“some”を使います。

– Yes, I do. I often sing J-pop songs.

これは「一般動詞」を使った疑問文に対する答えになっていますね。

“often”「よく,しばしば」という意味の頻度を表す副詞です。他には“usually(普段は)”“always(いつも)”“sometimes(時々)”“never(絶対にない)”などがあります。

頻度の感覚としては,always(100%)>usually(90%)>often(70%)>sometimes(50%)>never(0%)といった具合になります。

また,頻度を表す副詞はどこに置くのかも重要です。置く位置は,文章で使われている動詞によって変化します。

一般動詞の場合はその前be動詞の場合はその後ろに置きます。以下に例文を挙げておきます。

一般動詞:I usually play soccer on Saturdays.「土曜日にたいていサッカーをする」

be動詞:He is often sleepy.「彼はよく眠そうにしている」

– No, I don’t. I often watch football.

これも「一般動詞」を使った疑問文に対する答えになっていますね。

“football”はイギリスだと「サッカー」のことを指します。

ちなみにアメリカだと「アメリカンフットボール」のことを指し,「サッカー」“soccer”となります。

Lesson1 Part2 まとめ

以上がLesson1 Part2の日本語訳となります。

be動詞と一般動詞の違いを理解することが,英語ができるようになる第一歩です。頑張りましょう!

>中1NEW CROWN Lesson1 Part1 本文和訳

>中1NEW CROWN Lesson1 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Lesson1中1NEW CROWN 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント