中1NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson6 Part3 本文和訳

Lesson6

三省堂 中学1年生 NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson6 Part3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Lesson6-1, 6-2の解説はこちらからご覧ください。

>中1NEW CROWN Lesson6 Part1 本文和訳

>中1NEW CROWN Lesson6 Part2 本文和訳

Lesson6 Part3 本文と日本語訳

August 1 「8月1日」

Fireworks in Nagaoka 「長岡の花火」

I visited a friend in Nagaoka, Niigata. We went to a fireworks festival.

「私は新潟の長岡にいる友達のところを訪れました。私たちは花火祭りに行きました。」

The festival started with three white fireworks.

「その祭りは3つの白い花火から始まりました。」

My friend said, “In August 1945, many people here died in the war. With these fireworks, we remember them and pray for peace.”

「友達が『1945年の8月に,ここで多くの人が戦争で死んでしまったんだ。この花火で,私たちは彼らのことを思い出して平和のために祈るんだ。』と言いました。」

I didn’t know that.

「私はそのことを知りませんでした。」

The fireworks touched my heart.

「その花火は私の心を動かしました。」

October 10 「10月10日」

Trip to Takamatsu 「高松旅行」

My family took a trip to Takamatsu, Kagawa.

「私の家族は香川県の高松に旅行に行きました。」

We went to Konpira-san.

「私たちはこんぴらさんに行きました。」

My brother and I climbed all 1,368 steps.

「弟と私は全1368段の階段を上りました。」

My parents waited in a sweet shop.

「両親はお菓子屋さんで待ちました。」

Then we all joined an udon class.

「それから私たちはみんなでうどん教室に参加しました。」

Udon is like spaghetti, but udon is soft and thick.

「うどんはスパゲッティのようなものですが,柔らかくて太いです。」

I made it for the first time.

「初めてうどんを作りました。」

I liked the taste.

「味が気に入りました。」

Lesson6 Part3 重要事項の解説

I visited a friend in Nagaoka, Niigata. We went to a fireworks festival.

“visit”「を訪れる」で,“went”“go(行く)”の過去形ですね。

“visit”と”go”の違いは,すぐ後ろに名詞を置けるかどうかです。

“visit”「を訪れる」「を」まで意味を含んでいるので,すぐ後ろに訪れる場所などの名詞を置くことができます。

一方で“go”「行く」という意味なので,「~に行く」としたい場合は「~に」という単語が必ず必要になります。そして「~に」は前置詞“to”がその意味を持っているので,基本的には“go to~”の形になります。

The festival started with three white fireworks.

festival「祭り」firework「花火」という名詞になります。

“start with~”「~から始まる」という意味になります。

My friend said, “In August 1945, many people here died in the war. With these fireworks, we remember them and pray for peace.”

“said”“say(言う)”の過去形ですね。発音は「セッド」ですよ。

“die”「死ぬ」“remember”「を覚えている,思い出す」“pray”「祈る」という動詞です。

“war”「戦争」“peace”「平和」という名詞ですね。“these”“this”の複数形「これらは,これらの」という意味になります。

“with”「~と一緒に」という前置詞ですが,似たニュアンスになっていれば訳はそんなにこだわらなくても大丈夫です。

I didn’t know that.

“that”は直前の文全体を指していますね。

The fireworks touched my heart.

“touch”「に触れる」という動詞ですが,その他にも「の琴線に触れる」という意味もあります。

“heart”「心」なので,今回は「心を動かしました」としました。

My family took a trip to Takamatsu, Kagawa.

“took”“take”の過去形で,“take a trip”「旅行に行く」という意味になります。

My brother and I climbed all 1,368 steps.

“climb”「を登(上)る」という動詞ですね。発音は「クライム」ですよ。

“step”「階段」という名詞です。

My parents waited in a sweet shop.

“wait”「待つ」という動詞ですね。

“sweet shop”「お菓子屋さん」くらいでOKです。

Then we all joined an udon class.

“then”「それから,そのとき,それでは」といった意味の副詞です。文に応じて柔軟に訳してあげてください。

“all”が主語にかかる場合は,助動詞・be動詞の後ろか一般動詞の前に置くことができます。

“join”「に参加する」という動詞で,“class”「授業,教室」といった名詞です。

Udon is like spaghetti, but udon is soft and thick.

“like”は前置詞で「~のような」という重要表現です。

“soft”「柔らかい」“thick”「濃い,太い,厚い」という形容詞になります。

I made it for the first time.

“made”“make”の過去形です。

“it”“udon”を指していますね。“for the first time”「初めて」という重要表現です。

I liked the taste.

“like”「が好きだ」で訳しにくい場合は,「を気に入る」と訳してあげましょう。

“taste”「味」という名詞になります。

Lesson6 Part3 まとめ

以上がLesson6 Part3の日本語訳となります。

ここでは「過去形」をしっかりと理解しましょう!

>中1NEW CROWN Lesson6 Part1 本文和訳

>中1NEW CROWN Lesson6 Part2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Lesson6中1NEW CROWN 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント