中2NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson1 Part3 本文和訳

Lesson1

三省堂 中学2年生 NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson1 Part3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Lesson1-1,1-2の解説はこちらからご覧ください。

>中2NEW CROWN Lesson1 Part1 本文和訳

>中2NEW CROWN Lesson1 Part2 本文和訳

Lesson1 Part3 本文と日本語訳

THE TALE OF PETER RABBIT ピーターラビットの物語

Once upon a time, Peter Rabbit lived with his mother and sisters.

「昔々,ピーターラビットはお母さんと姉妹と住んでいました。」

One day their mother said,

「ある日,お母さんが言いました。」

“When you go outside, never go into Mr. McGregor’s garden.

『外に行くとき,マグレガーさんの畑に絶対に入らないようにね。

When your father went there, Mr. McGregor caught him and put him in a pie.”

お父さんがそこに行ったとき,マグレガーさんがお父さんを捕まえて,パイの中に入れたのよ。』

Peter’s sisters were good rabbits, but Peter was naughty.

「ピーターの姉妹は良い子でしたが,ピーターはいたずら好きでした。」

He went straight to the garden.

「彼は畑に真っ直ぐ進みました。」

He ate some radishes.

「彼はダイコンをいくつか食べました。」

When Peter was looking for parsley, he saw Mr. McGregor.

「ピーターがパセリを探していたとき,マグレガーさんと会いました。」

Peter turned and rushed away.

「ピーターは向きを変えて,勢いよく走り去りました。」

Mr. McGregor saw him and shouted, “Stop! Stop!”

「マグレガーさんは彼を見て,『止まれ!止まれ!』と叫びました。」

Peter ran and ran.

「ピーターは走りに走りました。」

He lost one shoe among the cabbages and the other shoe among the potatoes.

「彼はキャベツ畑の中に片方の靴を,ジャガイモ畑の中にもう片方の靴を失くしてしまいました。」

Then Peter hid in a watering can.

「それからピーターはジョウロの中に隠れました。」

He thought that he was safe.

「彼は安全だと思いました。」

He was not.

「安全ではありませんでした。」

Mr. McGregor found him.

「マグレガーさんは彼を見つけました。」

Peter jumped out and ran some more.

「ピーターは飛び出て,もう少し走りました。」

At last Peter got home.

「ついにピーターは家に着きました。」

He didn’t say anything because he was too tired.

「彼は疲れ果てていたので何も言いませんでした。」

His mother wondered, “What happened?”

「お母さんは『何があったの?』と思いました。」

She didn’t ask.

「彼女は聞きませんでした。」

She just put Peter to bed and made chamomile tea for him.

「ただピーターをベッドに横たえて,彼のためにカモミールティーを作りました。」

“Good night, Peter.”

『おやすみ,ピーター。』

Lesson1 Part3 重要事項の解説

Once upon a time, Peter Rabbit lived with his mother and sisters.

“once upon a time”「昔々」という表現です。物語文でよく使うので覚えておきましょう。

One day their mother said,

“one day”「ある日」という表現です。意外と訳せない人が多いので,これもしっかり覚えておきましょう。

“When you go outside, never go into Mr. McGregor’s garden.

この文では「接続詞when」が使われていますね。

“outside”「外に」という副詞です。

“never”「絶対に~ない」という強い否定を表す副詞で,今回は“don’t”の代わりに使われて「否定の命令文」になっています。

“go into~”「~の中に行く」で,“garden”「庭,畑」という名詞です。

When your father went there, Mr. McGregor caught him and put him in a pie.”

この文でも「接続詞when」が使われていますね。

“caught”“catch”の過去形で「~を捕まえる」という意味です。

“put A in B”「AをBの中に入れる」という意味になります。

Peter’s sisters were good rabbits, but Peter was naughty.

“naughty”「いたずら好きな,わんぱくな」という形容詞です。

He went straight to the garden.

“go straight”「真っ直ぐ進む」という意味になります。道案内でよく使いますね。

When Peter was looking for parsley, he saw Mr. McGregor.

この文でも「接続詞when」が使われていますね。

“look for~”「~を探す」で,“parsley”「パセリ」です。

Peter turned and rushed away.

“turn”「向きを変える,変化する,曲がる」といった動詞です。

“rush away”「急いで逃げる」といった意味になります。

He lost one shoe among the cabbages and the other shoe among the potatoes.

“lost”“lose”の過去形で「失う」という意味ですね。

“shoe”「靴」で,“among”「~の間に,~の中に」という前置詞です。

“cabbage”「キャベツ」“other”「他の」という形容詞です。

Then Peter hid in a watering can.

“then”「そのとき,それから」といった副詞です。文に応じて柔軟に変えてあげましょう。

“hid”“hide”の過去形で「隠れる」という意味ですね。

“watering can”「ジョウロ」ですね。

He thought that he was safe.

この文では「接続詞that」が使われていますね。

He was not.

この文は“not”の後ろに“safe”が省略されています。

Peter jumped out and ran some more.

“jump out”「飛び出す」といった意味で,“some more”「もう少し」という表現です。

At last Peter got home.

“at last”「ついに」という重要表現です。

“get home”「家に着く」という意味ですね。“get”「到着する」という意味でもよく使われます。

He didn’t say anything because he was too tired.

この文では「接続詞because」が使われていますね。

“not~anything”「何も~ことがない」といった意味になります。

“too”「~すぎる」という副詞で,ネガティブなニュアンスで使われます。“tired”「疲れた」という形容詞ですね。

She just put Peter to bed and made chamomile tea for him.

“just”「ただ~だけ」という強調する副詞ですね。

“put A to B”「AをBに置く」といった意味合いで,今回は「横たえる」としました。

Lesson1 Part3 まとめ

以上がLesson1 Part3の日本語訳となります。

ここでは「接続詞」がたくさん使われていますね。使い方と訳し方をしっかり理解していきましょう!

>中2NEW CROWN Lesson1 Part1 本文和訳

>中2NEW CROWN Lesson1 Part2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Lesson1中2NEW CROWN 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント