中2Here We Go! Unit4 Part2 本文和訳

Unit4

光村図書 中学2年生 Here We Go! Unit4 Part2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit4-1,4-3,4-4の解説はこちらからご覧ください。

>中2Here We Go! Unit4 Part1 本文和訳

>中2Here We Go! Unit4 Part3 本文和訳

>中2Here We Go! Unit4 Part4 本文和訳

令和4年度版 Here We Go! ENGLISH COURSE2 光村図書 805 文部科学省検定済教科書

Unit4 Part2 本文と日本語訳

Kota: Look! It’s the Statue of Liberty!

「見て!自由の女神だ!」

Tina: It’s 93 meters tall and 225 tons in weight.

「高さが93mで重さが225トンあるよ。」

Kota: What is she holding in her right hand?

「右手に持っているのは何?」

Grandpa: She’s holding a torch.

松明たいまつを持っているんだよ。」

In the past, the torch guided ships at night.

「昔,松明が夜に船を導いていたんだ。」

Kota: How interesting! Tina, show me the leaflet.

「すごく面白いね!ティナ,リーフレットを見せて。」

Tina: This tells you the history of the statue.

「これを読めば像の歴史が分かるわ。」

Unit4 Part2 重要事項の解説

It’s 93 meters tall and 225 tons in weight.

“meter”「メートル」です。ただし,発音が「ミーター」となるので要注意ですよ!

“be ~ in weight”「重さで~」といった意味合いになります。

What is she holding in her right hand?

この文でも「現在進行形」が使われていて,それの疑問文になっていますね。

“hold”「持つ,掴む」という動詞ですが,「を開催する」という意味にもなります。どちらもよく出てくるので,必ず覚えましょう!ちなみに過去形・過去分詞形は“held”です。

In the past, the torch guided ships at night.

“in the past”「昔は,過去に」といった意味です。“torch”「松明」です。

“guide”「を案内する,を導く」といった動詞になります。

How interesting! Tina, show me the leaflet.

1文目は「感嘆文」になっていますね。本来は「なんて~なんだ!」と訳した方がいいのですが,会話の流れに合わせて訳を少し変えました。

2文目では「命令文」“show 人 もの”「人にものを見せる」が使われています。

“leaflet(リーフレット)”とは,1枚の紙を2つ折りや3つ折りにしたものです。ちなみにパンフレットは,複数の紙を綴じた冊子になります。

This tells you the history of the statue.

この文も先ほどの“show 人 もの”のパターンになります。動詞が“tell”になって「人にものを言う,教える」といった意味になります。

この文を直訳すると「これ(リーフレット)はあなたに像の歴史を教えます」となりますが,表現としておかしいので「これを読めば像の歴史が分かる」と訳しました。

前置詞”of”“A of B”「BのA」という風に後ろから前に訳してあげます。

Unit4 Part2 まとめ

以上がUnit4 Part2の日本語訳となります。

“show(tell) 人 もの”がここでは重要な文法になります。この使い方ができる動詞は限られているので,まずはこの2つを確実に理解しましょう!

その他にも重要な表現がいくつかあったので,繰り返し確認して覚えていくことです。単語の暗記方法はこちらの記事を参考にしてください!

>中2Here We Go! Unit4 Part1 本文和訳

>中2Here We Go! Unit4 Part3 本文和訳

>中2Here We Go! Unit4 Part4 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit4中2Here We Go! 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント