中2Here We Go! Unit6 Part3 本文和訳

Unit6

光村図書 中学2年生 Here We Go! Unit6 Part3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit6-1,6-2,6-3の解説はこちらをご覧ください。

>中2Here We Go! Unit6 Part1 本文和訳

>中2Here We Go! Unit6 Part2 本文和訳

>中2Here We Go! Unit6 Part4 本文和訳

令和4年度版 Here We Go! ENGLISH COURSE2 光村図書 805 文部科学省検定済教科書

Unit6 Part3 本文と日本語訳

Hajin: What did you think of the students?

「生徒たちについてどう思った?」

Kota: They did a good job, so I enjoyed working with them.

「彼らはよくやっていたよ。だから僕は彼らと作業して楽しかった。」

Tina: What was difficult about the job?

「その仕事で難しかったことは何?」

Kota: There were many students in the class, but I had to pay attention to each one.

「クラスにたくさんの生徒がいたんだけど,ひとりひとりに注意しないといけなかった。」

They all need help sometimes.

「彼ら全員が時々お手伝いを必要とするからね。」

Eri: Was anything surprising?

「何か驚いたことはあった?」

Kota: Well, teachers have to do a lot of preparation for each class.

「ええと,先生たちは各授業でたくさんの準備をしないといけないことかな。」

Ms. Brown: You learned a lot, didn’t you? Do you want to do it again?

「あなたは多くのことを学んだのではないかな?もう一度やってみたい?」

Kota: Yes!

「はい!」

Ms. Brown: I’m glad to hear that.

「それが聞けて嬉しいです。」

Unit6 Part3 重要事項の解説

What did you think of the students?

“What do you think of ~?”「~についてどう思いますか。」といった意味になります。

“What”を使っていますが,和訳する時は「どう」と訳す点に注意しましょう。

They did a good job, so I enjoyed working with them.

“do a job”「仕事をする,役目を果たす」といった意味で,“did a good job”「よくやった」といった意味になります。

“so”「だから」という接続詞です。

“working”「動名詞」の形で使われていますね。

There were many students in the class, but I had to pay attention to each one.

ここでは「there構文」が使われていますね。

“had to”“have to”の過去形で「~しなければならなかった」です。

“pay attention to~”「~に注意を払う」という重要表現になります。

“each”「それぞれの」という形容詞で,“one”“student”を指す代名詞です。

They all need help sometimes.

“代名詞+all”「代名詞すべて」という意味になります。今回で言えば「彼ら全員」となります。

また,この文では“need”が動詞で“help”が名詞(needの目的語)となっています。

“need”“help”も名詞としての意味を持っているので,和訳する時は気を付けましょう。

Was anything surprising?

“anything”「何か」という代名詞です。

“surprising”「驚くべき」といった形容詞ですね。

Well, teachers have to do a lot of preparation for each class.

文頭にある“Well”「ええと」という意味です。会話表現のときによく出てきますね。

“well”は基本的には文の最後の方に置いて「上手に」という意味になります。

“have to 動詞の原形”「~しなければならない」という意味で,助動詞の“must”と書き換え可能です。

疑問文や否定文の作り方はテストでも問われやすいので,不安な方は確認しておきましょう。

“preparation”「準備」という意味の名詞で,“each”「それぞれの」という意味の形容詞です。

“each+名詞”の組み合わせのときは,名詞は必ず単数形になります。

You learned a lot, didn’t you?

この文は「付加疑問文」の形になっています。

カンマより前の文が肯定形なら最後は否定形に,カンマより前が肯定文なら後ろは疑問文の語順に,というように前の文と反対の形をとります。

意味は「~ですよね?」となり,相手に同意を求めるニュアンスになります。

I’m glad to hear that.

“glad”「嬉しい」という形容詞で,“happy”と同じ意味ですね。“hear”「を聞く」という動詞です。

“to hear”「不定詞の形容詞的用法」になっていますね。

“that”は直前の文全体を指しています。

Unit6 Part3 まとめ

以上がUnit6 Part3の日本語訳と重要事項の解説になります。

不定詞の副詞的用法は今後さまざまな場面で出てきます。今のうちに必ず訳せるようにしておきましょう!

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

>中2Here We Go! Unit6 Part1 本文和訳

>中2Here We Go! Unit6 Part2 本文和訳

>中2Here We Go! Unit6 Part4 本文和訳

Unit6中2Here We Go! 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント