中1Sunshine(サンシャイン) Program10 Part2 本文和訳

Program10

開隆堂 中学1年生 Sunshine(サンシャイン) Program10 Part2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program10-Scenes,10-1,10-3の解説はこちらからご覧ください。

>中1Sunshine Program10 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program10 Part1 本文和訳

>中1Sunshine Program10 Part3 本文和訳

Program10 Part2 本文と日本語訳

Bang! The bed broke with a terrible sound.

「バン!ベッドはひどい音とともに壊れました。」

It wasn’t strong enough.

「そんなに丈夫ではなかったのです。」

All the animals: Oh, no! Was that a bad idea?

「ああ!悪い考えだった?」

Grandma Baba: No, it wasn’t. Mmm, watch this.

「いいや。うーん,これを見て。」

She cut the legs off the bed.

「彼女はベッドの脚を切りました。」

Grandma Baba: Well, well! Look at the bed now!

「これはこれは!ベッドを見てみて!」

All the animals: Wow, it’s a sleigh!

「わあ!そりだね!」

Everyone got on the sleigh.

「みんなそりに乗りました。」

Grandma Baba: Now, let’s go down.

「じゃあ,下っていこう。」

Everyone, hold on to the sleigh.

「みんな,そりにしっかり掴まって。」

The sleigh started and went down the slope.

「そりは出発して坂を下りました。」

It picked up speed.

「スピードを増していきました。」

Grandma Baba: We’re flying!

「私たちは飛んでいるよ!」

Cat and Dog: Wow! Whee-ee!

「わあ!わぁーい!」

Fox: Go! Go! Our sleigh!

「行け!行け!僕たちのそり!」

All the animals: Go! Go! Whee-ee!

「行け!行け!わぁーい!」

Program10 Part2 重要事項の解説

Bang! The bed broke with a terrible sound.

“bang”「バン」という音ですね。

“broke”“break(壊れる)”の過去形で,“terrible”「ひどい」という形容詞,“sound”「音」という名詞になります。

“with”前置詞「~と一緒に」と訳すことが多いですが,必ずしも後ろに人が来るわけではありません。イメージとして「~とセットで」と覚えておきましょう。

訳し方としては「~を使って」「~で」など文脈に合わせて柔軟に変えてあげましょう。

It wasn’t strong enough.

“It”“The bed”を指しています。

“strong”「強い,丈夫な」という形容詞,“enough”「十分に」という副詞ですね。

今回は「そんなに丈夫ではなかった」と訳しました。

She cut the legs off the bed.

“cut A off B”「AをBから切り離す」といった意味になります。ちなみに“cut”過去形も過去分詞形も同じ形ですよ。

“leg”「脚」ですね。

Well, well! Look at the bed now!

“Well, well”「これはこれは」といった意味になります。

“look at~”「を見る」で,ここでは「命令文」になっていますね。

Wow, it’s a sleigh!

“it”“the bed”を指しています。

“sleigh”「そり」という名詞になります。

Everyone got on the sleigh.

“everyone”「みんな」という名詞ですね。

“get on”「に乗る」という重要表現です。

Now, let’s go down.

“Let’s 動詞の原形”「~しましょう」ですね。

同じ意味で“Shall we~?”“Why don’t we~?”もあるのでセットで覚えましょう!

“go down”「下る」という意味になります。

Everyone, hold on to the sleigh.

“hold on to”「~にしっかり掴まる」という意味です。

“hold”「を掴む,開催する」といった意味を持つ動詞ですね。

また,この文も「命令文」になっています。

The sleigh started and went down the slope.

“start”「を始める,出発する」という動詞です。

“slope”「坂」という名詞です。

It picked up speed.

“it”“The sleigh”を指しています。

“pick up speed”「スピードを増す」という表現になります。

We’re flying!

この文は「現在進行形」になっています。

“fly”「飛ぶ」という動詞ですね。

Program10 Part2 まとめ

以上がProgram10 Part2の日本語訳となります。

「be動詞の過去形」「一般動詞の過去形」の作り方を確実にマスターしましょう!

>中1Sunshine Program10 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program10 Part1 本文和訳

>中1Sunshine Program10 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program10中1Sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント