中1Sunshine(サンシャイン) Program10 Part1 本文和訳

Program10

開隆堂 中学1年生 Sunshine(サンシャイン) Program10 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program10-Scenes,10-2,10-3の解説はこちらからご覧ください。

>中1Sunshine Program10 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program10 Part2 本文和訳

>中1Sunshine Program10 Part3 本文和訳

Program10 Part1 本文と日本語訳

It was a snowy winter day.

「雪の降る冬の日でした。」

Grandma Baba was at home.

「ばばばあちゃんは家にいました。」

All her friends were outside.

「彼女の友達は全員外にいました。」

Then a cat and a dog came into her house.

「それから猫と犬が家に入っていきました。」

Grandma Baba: What’s the matter, my young friends?

「どうしたの?私の若い友達たち。」

Cat and Dog: We’re freezing!

「凍えそうだよ!」

Next, a fox and many other animals came in.

「次に,狐と他のたくさんの動物が入ってきました。」

Fox: We’re really, really cold!

「本当に,本当に寒いよ!」

Grandma Baba: Young ones, come with me.

「若い子たち,私と一緒においで。」

They all went into her bedroom.

「彼ら全員は寝室に行きました。」

Grandma Baba: Everyone, jump with me.

「みんな,私と一緒にジャンプして。」

Dog: Did you say “jump”?

「『ジャンプ』って言った?」

Grandma Baba: Yes. Jump on the bed.

「そう。ベッドの上でジャンプして。」

Dog: Is it OK?

「いいの?」

Grandma Baba: Sure! It’s a bed trampoline.

「もちろん!ベッドのトランポリンよ。」

All the animals followed her and jumped together.

「全ての動物が彼女に従い,一緒にジャンプしました。」

Program10 Part1 重要事項の解説

It was a snowy winter day.

“snowy”「雪の降る」という形容詞ですね。

天気に関する文は,主語を“it”にして表現します。“it”は訳す必要はありません。

All her friends were outside.

“outside”「外に・で」という副詞ですね。

Then a cat and a dog came into her house.

“then”「それから,そのとき,それでは」といった意味の副詞です。文に応じて柔軟に訳してあげてください。

“come into~”「~の中に入ってくる」という意味になります。

What’s the matter, my young friends?

“What’s the matter”「どうしたの?」という意味になります。

“young”「若い」という形容詞ですね。

We’re freezing!

“freezing”「ひどく寒い,凍えるほどの」という形容詞です。

Next, a fox and many other animals came in.

“next”「次に」という副詞になります。

“other”「他の」という形容詞で,“come in”「中に入る,入って来る」という意味です。

Young ones, come with me.

“one”は代名詞で,今回は“animals”を指しています。

“with”前置詞「~と一緒に」と訳すことが多いですが,必ずしも後ろに人が来るわけではありません。イメージとして「~とセットで」と覚えておきましょう。

訳し方としては「~を使って」「~で」など文脈に合わせて柔軟に変えてあげましょう。

They all went into her bedroom.

“They”“Young ones”を指しています。

“all”が主語の代名詞にかかる場合は,助動詞・be動詞の後ろか一般動詞の前に置くことができます。

“go into”「~に入る」という意味です。

Everyone, jump with me.

“everyone”「みんな」という名詞ですね。

また,この文は「命令文」になっています。

Is it OK?

“it”「ベッドの上でジャンプすること」を指しています。

Sure! It’s a bed trampoline.

“sure”「もちろん」という会話でよく使う表現になります。

“trampoline”「トランポリン」ですね。

All the animals followed her and jumped together.

“all the 複数名詞”特定の集団を表します。

“the”がないこともありますが,その場合は不特定の集団を表すことになります。

“the”がない場合,今回で言うとここで登場する動物以外の動物も含むことになりますね。

“follow”「に付いていく,に従う」という動詞で,“together”「一緒に」という副詞です。

Program10 Part1 まとめ

以上がProgram10 Part1の日本語訳となります。

「be動詞の過去形」「一般動詞の過去形」の作り方を確実にマスターしましょう!

>中1Sunshine Program10 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program10 Part2 本文和訳

>中1Sunshine Program10 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program10中1Sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント