中1Sunshine(サンシャイン) Program7 Part2 本文和訳

Program7

開隆堂 中学1年生 Sunshine(サンシャイン) Program7 Part2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program7-Scenes, 7-1の解説はこちらからご覧ください。

>中1Sunshine Program7 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program7 Part1 本文和訳

Program7 Part2 本文と日本語訳

Мао: It’s summer in Australia now.

「今オーストラリアは夏だね。」

Ken: What do you do in summer, Emily?

「エミリーは夏に何をするの?」

Emily: I go to the beach and have a barbecue.

「ビーチに行ってバーベキューをするよ。」

Ken: Sounds fun.

「楽しそうだね。」

Emily: I also have a Christmas party on the beach.

「ビーチでクリスマスパーティーもするよ。」

Mao: How does Santa Claus come?

「サンタクロースはどうやって来るの?」

Emily: By jet ski or on a surfboard.

「ジェットスキーかサーフボードに乗ってくるよ。」

Ken: It’s cool. Let’s go to Australia someday.

「かっこいいね。いつかオーストラリアに行こう。」

Mao: Yes, let’s.

「そうしよう。」

Emily: I can show you around.

「あなたたちを案内してあげる。」

Program7 Part2 重要事項の解説

I go to the beach and have a barbecue.

“have a barbecue”「バーベキューをする」です。

“have a~”という形の他の表現は,“have a party(パーティーを開く)”“have a dinner(夕食会を開く)”などがありますよ。

Sounds fun.

“That sounds~”「~そうですね」という重要表現です。会話でよく使われます。

“That”を省略して”Sounds~”とすることもあります。

“sound”は名詞だと「音」,動詞だと「~に聞こえる」という意味があります。

I also have a Christmas party on the beach.

“also”「また,さらに」といった副詞で,付け加える役割があります。色々な文で使うので必ず覚えましょう!

How does Santa Claus come?

“how”「どうやって,どのように,どう」という手段方法感想を尋ねる疑問詞ですね。

By jet ski or on a surfboard.

“by 乗り物”交通手段を表す重要表現です。

“by a jet ski”のように,乗り物の前に冠詞や所有格などは入れないように要注意です!

It’s cool. Let’s go to Australia someday.

“It”直前の文全体を指しています。

“Let’s 動詞の原形”「~しましょう」ですね。

同じ意味で“Shall we~?”“Why don’t we~?”もあるのでセットで覚えましょう!

“someday”「いつか」という副詞になります。

Yes, let’s.

“Let’s~.”“Shall we~?”に対して,肯定的な反応は“Yes, let’s.”で,否定的な反応は“No, let’s not.”と答えますよ。

今回で言うとオーストラリアのことですね。

“also”「また,さらに」といった副詞で,付け加える役割があります。色々な文で使うので必ず覚えましょう!

I can show you around.

“show 人 around”「人を案内する」という表現になります。

Program7 Part2 まとめ

以上がProgram7 Part1の日本語訳となります。

「Let’s~」の使い方を確実にマスターしましょう!

>中1Sunshine Program7 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program7 Part1 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program7中1Sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント