中1NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit9 Part1 本文和訳

Unit9

東京書籍 中学1年生 NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit9 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit9-2,9-3の解説はこちらからご覧ください。

>中1NEW HORIZON Unit9 Part2 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit9 Part3 本文和訳

令和4年度版 NEW HORIZON English Course 1  [令和3年度改訂] 中学校用 文部科学省検定済教科書 [英語701] 東京書籍

Unit9 Part1 本文と日本語訳

Preview

What do you want to be in the future?

「あなたは将来何になりたいですか?」

I want to be like my cousin. She’s a doctor.

「私はいとこみたいになりたいです。彼女は医者です。」

She always tries to do her best for people.

「いつも人のために全力を尽くそうとしています。」

I want to help people, too.

「私も人を助けたいです。」

That’s great.

「それは素晴らしいですね。」

Can you make a speech about her in our next class?

「次の授業で彼女についてスピーチをしてくれませんか?」

Look at this picture.

「この写真を見てください。」

This is Lily Smith. She’s my cousin.

「こちらはリリー・スミスです。彼女は私のいとこです。」

She works as a doctor in different countries.

「彼女は色々な国で医者として働いています。」

She always wants to help people in need.

「彼女はいつも困っている人を助けたいと思っています。」

Now she’s working at a small hospital in Kenya.

「今,彼女はケニアの小さな病院で働いています。」

She helps sick people there every day.

「毎日そこで病気の人を助けています。」

It’s sometimes difficult, but she tries to do her best.

「それは時には難しいですが,彼女は全力を尽くそうとしています。」

I want to be like her.

「私は彼女のようになりたいです。」

I’m not sure about my future job, but I want to help others, too.

「私の将来の仕事については分かりませんが,私も他者を助けたいです。」

Unit9 Part1 重要事項の解説

What do you want to be in the future?

“want to 動詞の原形”「~したい」という重要表現です!「不定詞の名詞的用法」と一緒に確認しておきましょう。

“be”「~になる」という意味で,“become”でもOKです。

“in the future”「将来」という重要表現ですね。

I want to be like my cousin. She’s a doctor.

“like”「~のような」という前置詞になります。

“cousin”「いとこ」という名詞ですね。

She always tries to do her best for people.

“try to 動詞の原形”「~しようとする」という意味で,挑戦してみたけどダメだったというようなニュアンスで使われることが多いです。難しいといった意味合いが含まれるということですね。

一方で“try 動名詞”は,「(試しに)~してみる」という表現になります。つまりその行為自体はできたという意味合いになります。

“always”「いつも」という副詞ですね。

“do one’s best”「ベストを尽くす,頑張る」といった表現になります。“one’s”には所有格が入ります。

Can you make a speech about her in our next class?

“Can you~?”「~してくれませんか」という依頼する重要表現ですね。“Can”の代わりに“Will”を使ってもOKです。

また,“Could”“Would”を使うこともできて,その場合は「~していただけませんか」とより丁寧な表現になります。

“make a speech”「スピーチをする」という表現ですね。“class”「授業」という名詞になります。

She works as a doctor in different countries.

“as”「~として」という前置詞ですね。

“different”「様々な,異なった」という形容詞になります。

She always wants to help people in need.

“in need”「困った」という表現になります。

Now she’s working at a small hospital in Kenya.

この文では「現在進行形」が使われています。

She helps sick people there every day.

“sick”「病気の,体調の悪い」という形容詞になります。

“there”「そこで」という副詞で,“a small hospital in Kenya”を指していますね。

It’s sometimes difficult, but she tries to do her best.

“It”は直前の文全体を指しています。

“sometimes”「時々」という副詞で,“difficult”「難しい」という形容詞になります。

I’m not sure about my future job, but I want to help others, too.

“be sure”「きっと~と思う,わかる」といった表現になります。

“other”「他者」という名詞で,“too”はカンマとセットで文末に付けると「~も」となりますね。

Unit9 Part1 まとめ

以上がUnit9 Part1の日本語訳となります。

ここでは「want to 動詞の原形」が重要です。意味と使い方をしっかりと理解しておきましょう!

>中1NEW HORIZON Unit9 Part2 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit9 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit9中1NEW HORIZON 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント