中1NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit2 Part1 本文和訳

Unit2

東京書籍 中学1年生 NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit2 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit2-2,2-3の解説はこちらからご覧ください。

>中1NEW HORIZON Unit2 Part2 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit2 Part3 本文和訳

「部活が忙しくて塾に行く暇がない…」「できるだけ費用を抑えて勉強したい…」といった悩みを抱えているあなた!

勉強を頑張りたいという意欲はあるのに,時間や金銭的な問題でそれができないというのは一番つらいですよね。でもそれがなら解決できちゃいます!

月額1,815円で5教科すべての講座が見放題で,自分のペース効率よく勉強できます。しかも途中解約した場合は残りの月額分がすべて返金されるので,必要なくなった時にはいつでもやめられます。

14日間の無料体験もできるので,一度登録してみてあなたが知りたい単元だけ見てみるのもアリだと思いますよ!

令和4年度版 NEW HORIZON English Course 1  [令和3年度改訂] 中学校用 文部科学省検定済教科書 [英語701] 東京書籍

Unit2 Part1 本文と日本語訳

Mr. Toda: Ms. Cook, this is Kaito. He’s in Class 1B.

「クック先生,こちらはカイトです。カイトは1年B組です。」

Kaito, this is Ms. Cook.

「カイト,こちらはクック先生だよ。」

She’s from America.

「アメリカ出身なんだ。」

She’s our new English teacher.

「新任の英語の先生だよ。」

Kaito: Hello, Ms. Cook.

「こんにちは,クック先生。」

Nice to meet you.

「よろしくお願いします。」

Ms. Cook: Nice to meet you, too.

「こちらこそよろしくね。」

Ms. Cook: Is that a fish market?

「あれは魚売り場?」

Kaito: No, it’s not.

「いいえ,違いますよ。」

It’s a sushi restaurant.

「お寿司屋さんです。」

Ms. Cook: Wow. I love sushi.

「わあ,私はお寿司が大好きなの。」

Is the restaurant popular?

「そのお店は人気なの?」

Kaito: Yes, it is!

「はい!」

It’s always very crowded.

「いつもとても混んでいます。」

Unit2 Part1 重要事項の解説

Ms. Cook, this is Kaito. He’s in Class 1B.

この文が英語の基礎であるbe動詞の代表的な使い方ですね。ここをまずは必ず理解するようにしましょう。

初めの文のbe動詞は前後をイコールで結ぶ役割を果たしていて,後半の文は存在を表していますね。

<社会人の英文法学び直し>be動詞

She’s from America.

“be from~”「~出身だ」という重要表現になります。

“come from~”と表現することもできますよ!

Nice to meet you.

“Nice to meet you.”は初対面の人に対して言うセリフですね。「はじめまして」「よろしくお願いします」という意味です。

それに対しては“, too”を付けて“Nice to meet you, too.”と答えます。

ちなみに会うのが2回目以降のときは,“Good to see you.”と言いますよ。

Is the restaurant popular?

この文は「be動詞」を使った疑問文ですね。“popular”「人気がある」という重要な形容詞です。

It’s always very crowded.

“It”は直前の“the restaurant”を指していますね。

“crowded”「混雑した」という重要な形容詞です。

“always”「いつも」という意味の頻度を表す副詞です。他には“usually(普段は)”often(よく,しばしば)”“sometimes(時々)”“never(絶対にない)”などがあります。

頻度の感覚としては,always(100%)>usually(90%)>often(70%)>sometimes(50%)>never(0%)といった具合になります。

また,頻度を表す副詞はどこに置くのかも重要です。置く位置は,文章で使われている動詞によって変化します。

一般動詞の場合はその前be動詞の場合はその後ろに置きます。以下に例文を挙げておきます。

一般動詞:I usually play soccer on Saturdays.「土曜日にたいていサッカーをする」

be動詞:He is often sleepy.「彼はよく眠そうにしている」

Unit2 Part1 まとめ

以上がUnit2 Part1の日本語訳となります。

最初ということで,大切なのは英語の基礎であるbe動詞の使い方を確実に理解することです。ここをマスターできれば,今後の英語学習が格段にラクになりますよ!

>中1NEW HORIZON Unit2 Part2 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit2 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit2中1NEW HORIZON 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント