中3NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit5 Scene2 本文和訳

Unit5

東京書籍 中学3年生 NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit5 Scene2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit5-1とRead & Think1の解説はこちらからご覧ください。

>中3NEW HORIZON Unit5 Scene1 本文和訳

>中3NEW HORIZON Unit5 Read & Think1 本文和訳

Unit5 Scene2 本文と日本語訳

How did Gandhi work for Indian independence?

「ガンディーはどうやってインドの独立に取り組みましたか?」

Asami: Nice presentation, Josh. That was interesting.

「素晴らしいプレゼンテーションだったわ,ジョシュ。面白かった。」

Josh: Thanks. Gandhi is a man who has influenced a lot of people around the world.

「ありがとう。ガンディーは世界中の多くの人に影響を与えた人なんだ。」

Asami: He worked for Indian independence, right?

「彼はインドの独立に取り組んだんだよね?」

Josh: Yes. Do you know how he did it?

「そう。彼がどうやって取り組んだか知ってる?」

Asami: Non-violence?

「非暴力?」

Josh: Right. He never used violence, so he’s still respected by people who fight for human rights.

「そう。彼は決して暴力を振るわなかったから,今でも人権のために戦っている人々に尊敬されているんだ。」

Asami: I see. I want to learn more about him.

「そうなんだ。彼についてもっと学びたいわ。」

Josh: Well, he also went on fasts to protest.

「ええと,彼は抗議するために断食も続けたんだ。」

Asami: “Fasts”?

「断食?」

Josh: A “fast” means eating little or no food.

「断食はほとんどか一切食べ物を食べないってことだよ。」

Asami: Wow. That sounds tough.

「わあ。それは辛そうだね。」

Unit5 Scene2 重要事項の解説

How did Gandhi work for Indian independence?

“work for~”「~のために働く,取り組む,~に勤めている」という表現になります。

“Indian”「インドの」という形容詞で,independence「独立」という名詞ですね。

Nice presentation, Josh. That was interesting.

“presentation”「プレゼンテーション,発表」という名詞ですね。

That「それは」という意味で“presentation”を指しています。

Gandhi is a man who has influenced a lot of people around the world.

この文では「主格の関係代名詞」が使われていますね。

“has influenced a lot of people around the world”“a man”を修飾しています。

“has influened”「現在完了の継続用法」になっていて,“influence”「に影響を与える」という動詞です。

“around the world”「世界中で」という意味で,“all over the world”も同じ意味になりますね。

He worked for Indian independence, right?

“, right?”は文末に付けることで,「~ですよね」と相手に確認を求める表現になります。

Yes. Do you know how he did it?

この文では「間接疑問文」が使われていますね。

“did”は代動詞,“it”は代名詞で2つ合わせて“worked for Indian independence”を指しています。

Right. He never used violence, so he’s still respected by people who fight for human rights.

文頭の“right”は形容詞で「その通りだ,正しい」といった意味になります。

“never”「決して~ない」という強い否定を表す副詞ですね。

“violence”「暴力」という名詞で,“use violence”「暴力を振るう」という意味です。

“so”は接続詞で「だから」“still”は副詞で「いまだに,まだ」という重要単語ですね。

“respect”「を尊敬する,に敬意を表する」という動詞で,ここでは「受動態」になっています。

また,「主格の関係代名詞」も使われていて,“fight for human rights”“people”を修飾しています。“fight”「戦う」という動詞で,“human right”「人権」となります。

I see. I want to learn more about him.

“I see.”「そうなんだ,へえ,なるほど」といった相槌になります。

“want to 動詞の原形”「~したい」という重要表現です!「不定詞の名詞的用法」と一緒に確認しておきましょう。

“more”「もっと」という副詞ですね。

Well, he also went on fasts to protest.

“also”「また,さらに」といった副詞で,付け加える役割があります。色々な文で使うので必ず覚えましょう!

“go on”「~を続ける」という意味で,“fast”「断食」という名詞になります。

“protest”「抗議する」という動詞で,”to protest”「不定詞の副詞的用法」になっていますよ。

A “fast” means eating little or no food.

“mean”「を意味する」という動詞で,“eting”「動名詞」になっていますね。

“little”「ほとんだ~ない」という形容詞で,後ろには数えられない名詞(不可算名詞)が続きます。

“no”も形容詞で,後ろに名詞の複数形か不可算名詞を続けて,「1つも~ない」という意味になります。

Wow. That sounds tough.

“That sounds~”「~そうですね」という重要表現です。会話でよく使われます。

“That”を省略して”Sounds~”とすることもあります。

“sound”は名詞だと「音」,動詞だと「~に聞こえる」という意味があります。

Unit5 Scene2 まとめ

以上がUnit5 Scene2の日本語訳となります。

ここでは「間接疑問文」や「主格の関係代名詞」が使われていますね。しっかり理解していきましょう!

>中3NEW HORIZON Unit5 Scene1 本文和訳

>中3NEW HORIZON Unit5 Read & Think1 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit5中3NEW HORIZON 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント