中2NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson7 Part2 本文和訳

Lesson7

三省堂 中学2年生 NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson7 Part2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Lesson7-1, 7-3の解説はこちらからご覧ください。

>中2NEW CROWN Lesson7 Part1 本文和訳

>中2NEW CROWN Lesson7 Part3 本文和訳

Lesson7 Part2 本文と日本語訳

Welcome to my rakugo show.

「落語ショーにようこそ。」

Have you ever seen rakugo?

「あなたは今までに落語を見たことがありますか?」

If you have never seen it, here are some points to remember.

「もし見たことが一度もないなら,何個か覚えるべきポイントがあります。」

A single performer tells a story and acts out the conversations among all the characters.

「たった1人の演者が物語を話し,すべての登場人物の会話を身振りを入れて演じます。」

The performer uses a sensu and a tenugui to represent many things.

「演者は多くのことを表現するために扇子と手ぬぐいを使います。」

Let’s begin.

「始めましょう。」

Lesson7 Part2 重要事項の解説

Welcome to my rakugo show.

“welcome”「を歓迎する」という動詞で,“welcome to~”「へようこそ」となります。

Have you ever seen rakugo?

この文では「現在完了の経験用法」が使われていますね。

“ever”「今までに」という副詞になります。

If you have never seen it, here are some points to remember.

この文も「現在完了の経験用法」が使われていますね。また,「接続詞if」も使われています。

“here is(are)~”「~がある,これが~だ」といった意味になります。

“some”「いくつかの」という形容詞,“point”「点」という名詞,“remember”「を覚えている,思い出す」という動詞ですね。

“to remember”「不定詞の形容詞的用法」で,“some points”を修飾しています。

A single performer tells a story and acts out the conversations among all the characters.

“single”「たった1人の」という形容詞で,“performer”「演者」“conversation”は「会話」,“character”「登場人物,性格」という名詞です。

“act out”「身振りを入れて演じる」という意味になります。

“among”「~の間で」という前置詞で,名詞が3人(3つ)以上の時に使います。2人(2つ)のときは“between A and B”を使うので,どちらも必ず覚えておきましょう!

The performer uses a sensu and a tenugui to represent many things.

“represent”「を表す,表現する」という動詞です。

“to represent”「不定詞の副詞的用法」ですね。

“thing”「もの,こと」という名詞になります。

Let’s begin.

“Let’s 動詞の原形”「~しましょう」ですね。

同じ意味で“Shall we~?”“Why don’t we~?”もあるのでセットで覚えましょう!

“begin”「始まる,を始める」という動詞です。

Lesson7 Part2 まとめ

以上がLesson7 Part2の日本語訳となります。

ここでは「現在完了の経験用法」をしっかりと理解しましょう!

>中2NEW CROWN Lesson7 Part1 本文和訳

>中2NEW CROWN Lesson7 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Lesson7中2NEW CROWN 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント