中1Sunshine(サンシャイン) Program6 Part2 本文和訳

Program6

開隆堂 中学1年生 Sunshine(サンシャイン) Program6 Part2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program6-Scenes, 6-1の解説はこちらからご覧ください。

>中1Sunshine Program6 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program6 Part1 本文和訳

Program6 Part2 本文と日本語訳

Ken: The savanna is amazing.

「サバンナは素晴らしいね。」

Emly: It’s a dangerous place too, you know.

「知ってると思うけど,危険な場所でもあるよ。」

Ken: Why is it dangerous?

「なんで危険なの?」

Emily: Because elephants sometimes attack school children.

「象が時々学校の子どもたちを襲うからだよ。」

Ken: No way! Are Jackson and his sister safe?

「嘘でしょ!ジャクソンと妹は安全なの?」

Emily: No. So their parents pray for their safety.

「ううん。だから両親が安全を願って祈っているの。」

Ken: Then, why does Jackson go to school?

「それじゃあ,なんでジャクソンは学校に行くの?」

Emily: Because he has a dream.

「彼には夢があるからよ。」

Ken: What’s his dream?

「彼の夢は何?」

Emily: You can find the answer in the movie.

「映画の中でその答えを見つけられるよ。」

Program6 Part2 重要事項の解説

The savanna is amazing.

“savanna”「サバンナ」で,熱帯に広がる草原です。

“amazing”「素晴らしい,驚くべき」という形容詞になります。

It’s a dangerous place too, you know.

“It”“savanna”を指していますね。

“dangerous”「危険な」という形容詞,“place”「場所」という名詞になります。

“too”は文末に付けると「~も」という意味になりますね。“カンマ too”でもOKです。

“you know”は文頭や文末に付けると「知っていると思うけど」といった意味になります。

Why is it dangerous?

“why”「なぜ,どうして」という疑問詞ですね。

Because elephants sometimes attack school children.

“because”「~だから」という理由を表す接続詞です。

“elephant”「象」“children”“child(子ども)”の複数形になります。“some”「いくつかの,何人かの」といった複数を表す形容詞です。

“attack”「を攻撃する,襲う」という動詞ですね。

sometimes「時々」という意味の頻度を表す副詞です。他には“usually(普段は)”“often(よく)”always(いつも)”“never(絶対にない)”などがあります。

頻度の感覚としては,always(100%)>usually(90%)>often(70%)>sometimes(50%)>never(0%)といった具合になります。

また,頻度を表す副詞はどこに置くのかも重要です。置く位置は,文章で使われている動詞によって変化します。

一般動詞の場合はその前be動詞の場合はその後ろに置きます。以下に例文を挙げておきます。

一般動詞:I usually play soccer on Saturdays.「土曜日にたいていサッカーをする」

be動詞:He is often sleepy.「彼はよく眠そうにしている」

No way! Are Jackson and his sister safe?

“No way”「まさか,嘘でしょう」といった驚きを表す会話表現になります。

“safe”「安全な,無事な」という形容詞ですね。

No. So their parents pray for their safety.

“so”「だから」という接続詞です。

“parent”「親」“safety”「安全,無事」という名詞になります。

“pray”「祈る」という動詞で,“for”「~のために」という前置詞ですね。

Then, why does Jackson go to school?

“then”「それから,そのとき,それでは」といった意味の副詞です。文に応じて柔軟に訳してあげてください。

You can find the answer in the movie.

“find”「を見つける,発見する」という動詞ですね。

Program6 Part2 まとめ

以上がProgram6 Part2の日本語訳となります。

「代名詞」「接続詞because」の使い方を確実にマスターしましょう!

>中1Sunshine Program6 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program6 Part1 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program6中1Sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント