中1 Sunshine(サンシャイン) Program3 Part1 本文和訳

Program3

開隆堂 中学1年生 Sunshine(サンシャイン) Program3 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program3-Scenes, 3-2の解説はこちらからご覧ください。

>中1Sunshine Program3 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program3 Part2 本文和訳

Program3 Part1 本文と日本語訳

Ken: Let’s have a talent show.

「タレントショーに出よう。」

Emily: I can play the guitar well.

「私はギターを上手に弾けるわ。」

Ken: I can’t play the guitar.

「僕はギターは弾けないんだ。」

But I can sing well.

「でも上手に歌うことはできるよ。」

Ms. Miller: That’s great.

「それは素晴らしいね。」

You can perform together.

「あなたたちは一緒にパフォーマンスできるね。」

Emily: Ken, let’s practice hard and have fun at the show.

「ケン,一生懸命練習して,ショーで楽しみましょう。」

Ms. Miller: You can have a great time with your classmates.

「クラスメイトと一緒に素晴らしい時間を過ごせると思うわ。」

Program3 Part1 重要事項の解説

Let’s have a talent show.

“Let’s 動詞の原形”「~しましょう」ですね。

同じ意味で“Shall we~?”“Why don’t we~?”もあるのでセットで覚えましょう!

“have”「を開く,に出演する」といった意味もあります。

“talent”「才能,芸能人」といった名詞ですが,今回は「タレントショー」と訳してOKです。

I can play the guitar well.

この文では「助動詞can」が使われていますね。助動詞の後ろは必動詞の原形になることをしっかりと理解しておきましょう!

“play the 楽器”「楽器を演奏する」となります。“well”は副詞で「上手に」ですね。

That’s great.

“that”「あれは,あの」ですが,直前の文を指して「それは」と訳すことも多いです。

You can perform together.

“perform”「を演じる,行う」という動詞ですが,「パフォーマンスする」と訳してもOKです。

“together”「一緒に」という副詞になります。

Ken, let’s practice hard and have fun at the show.

“hard”「一生懸命に」という副詞になります。形容詞で「大変な」という意味もありますよ。

“fun”「楽しさ」という名詞で,“have fun”「楽しむ」という意味です。

You can have a great time with your classmates.

“have a good time”「楽しい時間を過ごす,楽しく過ごす」という重要表現です。

“good”“great”にするとより楽しさを強調した意味合いになりますね。

“with”前置詞「~と一緒に」と訳すことが多いですが,必ずしも後ろに人が来るわけではありません。イメージとして「~とセットで」と覚えておきましょう。

訳し方としては「~を使って」「~で」など文脈に合わせて柔軟に変えてあげましょう。

Program3 Part1 まとめ

以上がProgram3 Part1の日本語訳となります。

「助動詞can」を使った表現を確実にマスターしましょう!

>中1Sunshine Program3 Scenes 本文和訳

>中1Sunshine Program3 Part2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program3中1Sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント