中1NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson2 Part2 本文和訳

Lesson2

三省堂 中学1年生 NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson2 Part2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Lesson2-1の解説はこちらからご覧ください。

>中1NEW CROWN Lesson2 Part1 本文和訳

Lesson2 Part2 本文と日本語訳

Can you dance?

「あなたは踊ることができますか。」

Can you play the guitar?

「あなたはギターを弾くことができますか。」

Can you do kendama tricks?

「あなたはけん玉の技ができますか。」

Yes, I can.

「はい,できます。」

No, I cannot.

「いいえ,できません。」

Becky: I like your “Soran Bushi” dance.

「私はあなたの『ソーラン節』が好きだわ。」

Can you send a video to me?

「私に動画を送ってくれない?」

Riku: Sure.

「もちろん。」

You can see my video here.

「ここで僕の動画を見れるよ。」

Becky: Thank you.

「ありがとう。」

Riku: Can you see it?

「見れる?」

Becky: Yes, I can. It’s so cool!

「見れるわ。すごくかっこいいね!」

Lesson2 Part2 重要事項の解説

Can you play the guitar?

この文を含め,初めの文は「助動詞can」の疑問文になっていますね。

“play the 楽器”「楽器を演奏する」という意味です。必ず楽器の前に”the”を入れてください!

Can you do kendama tricks?

“do”「をする」という動詞です。“trick”「技,いたずら,手品」といった意味があります。

Can you send a video to me?

“send”「を送る」という動詞です。“send もの to 人”「人にものを送る」という重要表現になりますよ!

詳しくは中学2年生で習いますが,“send 人 もの”という語順でもOKです。今回で言うと“Can you send me a video?”でもOKということです。

そして,“Can you~?”「~してくれませんか」という依頼する重要表現です。“Can”の代わりに“Will”を使ってもOKです。

また,“Could”“Would”を使うこともできて,その場合は「~していただけませんか」とより丁寧な表現になります。

Sure.

“sure”「もちろん」といった肯定的な返事になります。会話でよく使う表現です。

Can you see it?

この文は先ほど説明した「~してくれませんか」という依頼ではなく,そのまま「見ることができますか」という意味です。

どちらで訳すかは文脈に応じて変えてあげましょう。

“it”“my video”を指していますね。

Yes, I can. It’s so cool!

“so”「とても」という副詞で,“very”と同じ意味になります。「だから」という接続詞の意味もあるのでどちらも必ず覚えましょう!

“cool”「涼しい,かっこいい」という形容詞です。

Lesson2 Part2 まとめ

以上がLesson2 Part2の日本語訳となります。

ここでは「助動詞can」を使った疑問文の作り方をしっかりと覚えましょう!

>中1NEW CROWN Lesson2 Part1 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Lesson2中1NEW CROWN 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント