中2 Sunshine(サンシャイン) Program2 Part1 本文和訳

Program2

開隆堂 中学2年生 Sunshine(サンシャイン) Program2 Part1の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program2-Scenes, 2-2,2-3の解説はこちらからご覧ください。

>中2Sunshine Program2 Scenes 本文和訳

>中2Sunshine Program2 Part2 本文和訳

>中2Sunshine Program2 Part3 本文和訳

Program2 Part1 本文と日本語訳

Tom: Hi, Miki. How’s your new life?

「やあ,ミキ。新しい生活はどう?」

Miki: I think everything is fine. Thanks.

「全部順調だと思うわ。ありがとう。」

Tom: Well, I hear you like hiking. Is that true?

「ハイキングが好きって聞いてるんだけど。それって本当?」

Miki: Yes. I sometimes went hiking when I was in Japan.

「うん。日本にいたとき,時々ハイキングに行ってたわ。」

Tom: Then, why don’t we go hiking next Saturday?

「そしたら,次の土曜日にハイキングに行かない?」

My uncle Eric will guide us.

「おじのエリックが僕たちを案内してくれるんだ。」

Miki: Sounds great. Where will we meet?

「いいね。どこに集合する?」

Tom: Can you come to my house at six?

「6時に僕の家に来れる?」

Miki: OK! I hope it’ll be clear on that day.

「わかった!その日晴れるといいね。」

Program2 Part1 重要事項の解説

How’s your new life?

“How be~?”「~はどうですか」という感想などを聞く表現になります。

“life”「生活,人生」という名詞になります。

I think everything is fine.

この文では「接続詞that」が使われていますね。今回は“that”が省略されています。

“everything”「すべてのもの・こと」という代名詞になります。“fine”「良い,元気な,晴れた」といった形容詞です。

Well, I hear you like hiking. Is that true?

この文でも「接続詞that」が使われていますね。今回は“that”が省略されています。

“true”「本当の」という形容詞です。

I sometimes went hiking when I was in Japan.

この文では接続詞whenが使われていますね。

sometimes時々という意味の頻度を表す副詞です。他には“usually(普段は)”“often(よく)”“always(いつも)”“never(絶対にない)”などがあります。

頻度の感覚としては,always(100%)>usually(90%)>often(70%)>sometimes(50%)>never(0%)といった具合になります。

また,頻度を表す副詞はどこに置くのかも重要です。置く位置は,文章で使われている動詞によって変化します。

一般動詞の場合はその前be動詞の場合はその後ろに置きます。以下に例文を挙げておきます。

一般動詞:I usually play soccer on Saturdays.「土曜日にたいていサッカーをする」

be動詞:He is often sleepy.「彼はよく眠そうにしている」

Then, why don’t we go hiking next Saturday?

Why don’t we~?「~しませんか」といった勧誘する表現ですね。

同じ意味で“Shall we~?”“Let’s~?”もあるのでセットで覚えましょう!

“then”「それから,そのとき,それでは」といった意味の副詞です。文に応じて柔軟に訳してあげてください。

My uncle Eric will guide us.

この文では「未来形」が使われていますね。

“guide”「を導く,案内する」という動詞です。

“pick”「取る,採集する」という動詞です。

Sounds great. Where will we meet?

この文でも「未来形」が使われていますね。

“That sounds~”「~そうですね」という重要表現です。会話でよく使われます。

“That”を省略して”Sounds~”とすることもあります。

“sound”は名詞だと「音」,動詞だと「~に聞こえる」という意味があります。

Can you come to my house at six?

“Can you~?”「~してくれませんか」という依頼する重要表現ですね。“Can”の代わりに“Will”を使ってもOKです。

また,“Could”“Would”を使うこともできて,その場合は「~していただけませんか」とより丁寧な表現になります。

OK! I hope it’ll be clear on that day.

この文でも「未来形」が使われていますね。

“hope”「を望む」という動詞で,“hope (that) 文”「~を望む,~だといい」というポジティブな内容を願う意味になります。

“clear”「きれいな,晴れた(雲一つない)」という形容詞です。“that day”「その日」で,この場合はハイキングに行く日を指していますね。

Program2 Part1 まとめ

以上がProgram2 Part1の日本語訳となります。

「助動詞」「接続詞」を使った表現を確実にマスターしましょう!

>中2Sunshine Program2 Scenes 本文和訳

>中2Sunshine Program2 Part2 本文和訳

>中2Sunshine Program2 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program2中2sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント