中3Here We Go! Unit3 Part3 本文和訳

Unit3

光村図書 中学3年生 Here We Go! Unit3 Part3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit3-1,3-2,3-4の解説はこちらからご覧ください。

>中3Here We Go! Unit3 Part1 本文和訳

>中3Here We Go! Unit3 Part2 本文和訳

>中3Here We Go! Unit3 Part4 本文和訳

Amazonの定額読み放題サービスKindle Unlimitedなら英語の参考書も読み放題です!以下のような『スタディサプリ』の超人気講師・関正生先生の著書もなんと読み放題になります!

Unit3 Part3 本文と日本語訳

Our trip to Hiroshima was a valuable experience for me.

「広島旅行は僕にとって価値のある体験でした。」

I learned a lot about the war and the tragic events of August 6, 1945.

「僕は戦争と,1945年8月6日の悲惨な出来事についてたくさん学びました。」

There I met a peace volunteer.

「そこで平和ボランティアの方と会いました。」

She guides people around the sites of the atomic bombing.

「彼女は人々に原爆の跡地周辺を案内しています。」

Though she wasn’t a victim of the atomic bomb, she learned about the victims.

「彼女は原爆の被害者ではありませんが,被害者について学びました。」

The survivors of the atomic bomb are getting older year by year.

「原爆の生存者は年々高齢化しています。」

She thinks we should pass their words on to the next generation.

「彼女は,私たちが生存者の言葉を次の世代に伝えるべきだと考えています。」

It’s important for us to learn about the past.

「私たちにとって,過去を学ぶことは重要です。」

It’s also important to think about creating a peaceful world.

「また,平和な世界をつくることについて考えることも重要です。」

However, thinking about it is not enough.

「しかし,それを考えるだけでは十分ではありません。」

We must do something to change the world.

「私たちは世界を変えるために何かをしなければなりません。」

Unit3 Part3 重要事項の解説

Our trip to Hiroshima was a valuable experience for me.

“valuable”「価値がある」という形容詞です。“experience”「経験,体験」という名詞ですね。

She guides people around the sites of the atomic bombing.

“guide”「を案内する」という動詞です。“around”「~のまわり」という前置詞になります。

“site”「場所,跡地」といった意味合いの名詞です。

Though she wasn’t a victim of the atomic bomb, she learned about the victims.

“though”逆接の接続詞「~だけれども」という意味です。全く同じ意味で“although”もあります。どっちを使ってもOKです。

“victim”「被害者,犠牲者」という名詞です。

The survivors of the atomic bomb are getting older year by year.

“survivor”「生存者」という名詞です。動詞は“survive(生き残る)”です。

“get 形容詞”「~になる」という表現もできます。今回は進行形になっているので「~になりつつある」といったニュアンスで訳してあげましょう。

“year by year”「年々」という意味になります。

She thinks we should pass their words on to the next generation.

この文では「接続詞のthat」が使われていますね。今回は省略されています。

“pass A on”「Aを伝える,渡す」という意味です。“on”まででワンセットなので気をつけましょう。

“generation”「世代」という名詞です。

It’s important for us to learn about the past.

この文では「It is ~ (for 人) to 動詞の原形」が使われていますね。

“past”「過去」という名詞です。ちなみに動詞は英語で“verb”なのでVと表現しますが,動詞の過去形Vpと表現しますよ。

It’s also important to think about creating a peaceful world.

この文でも「It is ~ (for 人) to 動詞の原形」が使われていますね。

また,後半では「動名詞」も使われています。

<社会人の英文法学び直し>動名詞

However, thinking about it is not enough.

“however”「しかし」という意味の副詞になります。

同じ意味で“but”がありますが,こちらは接続詞なので品詞が異なります。“but”は“文A,but 文B”というように,2つの文を繋ぐ際に使います。

“文A. But 文B.”というように,“but”を文の先頭に置いて1文だけで完結させるのは原則NGとなります。

“it”“creating a peaceful world”を指していて,“enough”「十分な」という形容詞です。発音は「イナフ」なので要注意です。

We must do something to change the world.

この文では「助動詞must」「不定詞の副詞的用法」が使われていますね。不定詞はどの用法か見分けられていますか?

<社会人の英文法学び直し>不定詞

Unit3 Part3 まとめ

以上がUnit3 Part3の日本語訳となります。

この単元ではIt is ~ (for 人) to 動詞の原形が登場しました。使い勝手のいい文法になるのでしっかり理解しておきましょう。

>中3Here We Go! Unit3 Part1 本文和訳

>中3Here We Go! Unit3 Part2 本文和訳

>中3Here We Go! Unit3 Part4 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit3中3Here We Go! 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント