高1CROWN English Communication1 Lesson1 Section3 本文和訳

Crown Lesson1

三省堂 高1CROWN English Communication1 Lesson1 Section3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Section1-1, 1-2の解説はこちらからご覧ください。

>高1CROWN English Communication1 Lesson1 Section1 本文和訳

>高1CROWN English Communication1 Lesson1 Section2 本文和訳

created by Rinker
¥1,100 (2024/07/16 23:43:14時点 楽天市場調べ-詳細)

CROWN English Communication1 Lesson1 Section3 本文と日本語訳

My host family always has a Japanese-style breakfast ― nori, natto, miso soup, and rice.

「僕のホストファミリーはいつも海苔や納豆,みそ汁,お米といった日本式の朝食を食べます。」

That’s fine with me.

「僕にはそれが良いです。」

But yesterday they took me to a ファミレス.

「しかし昨日,彼らは僕をファミレスに連れていきました。」

They wanted to give me a chance to enjoy some Western food.

「彼らは僕に西洋料理を食べる機会をあげたかったのです。」

They ordered ホットケーキ,フライドポテト,and ブレンド.

「彼らはホットケーキ,フライドポテト,ブレンドを注文しました。」

Once again, I was confused, but I ordered the same.

「再度僕は困惑しましたが,同じものを注文しました。」

The waiter brought pancakes, French fries, and coffee.

「ウエイターがパンケーキとフライドポテト,コーヒーを持ってきました。」

I noticed some strange and interesting desserts on the menu: チョコバナナパフェ,ソフトクリーム,シュークリーム.

「僕はメニューにいくつか奇妙で面白いデザートがあるのに気付きました。チョコバナナパフェ,ソフトクリーム,シュークリームです。」

After breakfast, my host father suggested that one of these days he would invite me to a Viking dinner.

「朝食の後,ホストファザーが近いうちに僕をバイキングの夕食に招待すると提案しました。」

I didn’t understand Viking, but I’m curious.

「僕はバイキングが分かりませんでしたが,気になっています。」

So far, I have learned lots of these words.

「これまで,僕はこういった単語をたくさん学んできました。」

My teacher calls them wasei-eigo.

「先生はそれらを和製英語と呼んでいます。」

These words can be deceptive; they look like real English, and yet they are not.

「こういった単語は迷わせる可能性があります。というのも,それらは本当の英語のように見えますが,そうではないからです。」

I find them confusing.

「僕はそれらが混乱させるものだと分かっています。」

However, confusion is not a bad thing.

「しかし,混乱させることは悪いことではありません。」

It’s a first step in learning something new.

「それは新しいことを学ぶ最初のステップです。」

Finally, my advice to you:

「最後に,あなたへのアドバイスです。」

Don’t be surprised if native speakers look puzzled when you use wasei-eigo.

「もしあなたが和製英語を使ったときにネイティブスピーカーが困ったとしても,驚かないでください。」

CROWN English Communication1 Lesson1 Section3 重要事項の解説

My host family always has a Japanese-style breakfast ― nori, natto, miso soup, and rice.

“Japanese-style”「日本式の」といった形容詞です。

「―」「ダッシュ」といって,直前の語句を補足する働きがあります。「:(コロン)」「;(セミコロン)」より少しくだけた印象になります。

That’s fine with me.

“That”は直前の文全体を指しています。

“be fine with~”「~には問題ない,~にちょうど良い」といった意味になります。

But yesterday they took me to a ファミレス.

“they”“My host family”を指しています。

“took”“take(を取る,を連れていく,持っていく)”の過去形ですね。

They wanted to give me a chance to enjoy some Western food.

“They”“My host family”を指しています。

“want to 動詞の原形”「~したい」という重要表現です!「不定詞の名詞的用法」と一緒に確認しておきましょう。

“give 人 もの”「人にものをあげる」という重要表現で,“give もの to 人”にも書き換え可能です。

“chance”「機会,チャンス」“Western food”「西洋料理」という名詞になります。

“to enjoy”「不定詞の形容詞的用法」で,直前の“a chance”を修飾しています。訳は「食べる機会」としました。

Once again, I was confused, but I ordered the same.

“once again”「再び,また」といった表現になります。

“confused”「困惑した」という形容詞で,“order”「を注文する,を命令する」という動詞です。

“same”“the same”の形で直前に出てきたものと「同じもの」という意味になります。今回で言うと「ホットケーキ,フライドポテト,ブレンド」のことですね。

I noticed some strange and interesting desserts on the menu: チョコバナナパフェ,ソフトクリーム,シュークリーム.

“notice”「に気付く」という動詞で,“strange”「奇妙な,変な」“interesting”「面白い,興味深い」という形容詞,“dessert”「デザート」という名詞になります。

最後の「:」「コロン」と言い,簡単に言うと「つまり」という具合に直前の文章を補足します。コロンを使うときは,コロンの前は必ず文にしないといけない点に注意してください。

After breakfast, my host father suggested that one of these days he would invite me to a Viking dinner.

“after”「~の後で」という前置詞です。

“suggest”「を提案する」という動詞で,後ろには「接続詞that」が使われていますね。

“one of these days”「近いうちに,近日中に」という表現になります。

“would”は助動詞“will”の過去形です。

I didn’t understand Viking, but I’m curious.

“understand”「を理解する,分かる」という動詞です。

“curious”「好奇心旺盛な,気になる」という形容詞になります。

So far, I have learned lots of these words.

“so far”「今までのところ,これまで」という重要表現です。

“learn”「を学ぶ,習得する」という動詞で,ここでは「現在完了」が使われていますね。

“lots of~”「たくさんの~」という意味で,“a lot of~”と同じです。

“these”“this”の複数形で,「これらは(の),こういった」という意味になります。

My teacher calls them wasei-eigo.

“call A B”「AをBと呼ぶ」という重要表現です。

“them”“these words”を指していますね。

These words can be deceptive; they look like real English, and yet they are not.

“can”「~だろう,~の可能性がある」という「推量」の助動詞です。

“deceptive”「偽の,迷わせる」といった形容詞になります。

「;」「セミコロン」といって,2つの文章を繋ぐ「接続詞」のような働きをします。

“they”“These words”を指していて,“look like 名詞”「名詞のように見える」という重要表現です。

“real”「本当の」という形容詞で,“and yet”「それなのに」という意味になります。

“not”の後ろには“real English”が省略されていますね。

I find them confusing.

“find 名詞(A) 形容詞/名詞(B)”「AがBだとわかる」という重要表現です。AとBにはイコール関係が成り立ちます。

“them”“These words”を指していて,“confusing”「困惑させる」という形容詞ですね。

However, confusion is not a bad thing.

“however”「しかし」という意味の副詞になります。

同じ意味で“but”がありますが,こちらは接続詞なので品詞が異なります。“but”は“文A,but 文B”というように,2つの文を繋ぐ際に使います。

“文A. But 文B.”というように,“but”を文の先頭に置いて1文だけで完結させるのは原則NGとなります。

“confusion”「混乱,困惑(させるもの)」“thing”「もの,こと」という名詞になります。

It’s a first step in learning something new.

“It”“confusion”を指しています。“first step”「第一段階,最初のステップ」という意味ですね。

“learning”「動名詞」になっています。

“something”「何か」という代名詞で,“-thing”の形の代名詞を形容詞で修飾するときは必ず後ろから修飾します。

“new something”としないように要注意です!

Finally, my advice to you:

“finally”「最終的に,ついに,最後に」という副詞になります。

“advice”「アドバイス,助言」という名詞ですね。

Don’t be surprised if native speakers look puzzled when you use wasei-eigo.

ここでは「否定の命令文」「接続詞if, when」が使われていますね。

“be surprised”「驚く」という意味になります。

“native speaker”「母語話者,ネイティブスピーカー」という名詞です。

“look 形容詞”「~に見える」という重要表現で,“puzzled”「戸惑った,困った」という形容詞になります。

CROWN English Communication1 Lesson1 Section3 まとめ

以上がCROWN English Communication1 Lesson1 Section3の日本語訳となります。

「不定詞」「接続詞」「第5文型」の使い方をしっかり確認しておきましょう!

>高1CROWN English Communication1 Lesson1 Section1 本文和訳

>高1CROWN English Communication1 Lesson1 Section2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Crown Lesson1
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!

コメント