中2NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit3 Scene2 本文和訳

Unit3

東京書籍 中学2年生 NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit3 Scene2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit3-1とRead & Think1と2の解説はこちらからご覧ください。

>中2NEW HORIZON Unit3 Scene1 本文和訳

>中2NEW HORIZON Unit3 Read & Think1 本文和訳

>中2NEW HORIZON Unit3 Read & Think2 本文和訳

Unit3 Scene2 本文と日本語訳

Why is Meg surprised to see the article?

「なぜメグはその記事を見て驚いているのですか?」

Meg: Look. Here’s an article about our future jobs.

「見て。将来の仕事についての記事があるよ。」

Asami: What does it say?

「何て書いてある?」

Meg: It says some jobs will disappear in the future.

「一部の仕事は将来なくなるだろうって書いてあるわ。」

Asami: Really? How about translators, my dream job?

「本当に?私の夢の翻訳家はどう?」

Meg: Let’s see …. Oh, I’m surprised to see this.

「ええと…あ,これを見て驚いたわ。」

According to this article, AI will take some translation jobs away.

「この記事によると,AIが翻訳の仕事を奪ってしまうって。」

Asami: I’m sorry to hear that.

「それは残念だわ。」

I’m going to visit translation company on Career Day.

「私は職場体験の日に翻訳会社を訪問するつもりなの。」

Meg: Maybe you can get some advice there.

「多分そこでアドバイスを貰えると思うよ。」

Unit3 Scene2 重要事項の解説

Why is Meg surprised to see the article?

この文では「不定詞の副詞的用法」が使われていますね。必ず使い方を確認しておきましょう!

“surprised”「驚いた」という形容詞です。“article”「記事」という名詞になります。

また,“excited”, “surprised”, “intersted”のような“-ed”で終わる形容詞は,基本的に主語が「人」のときに使います。

一方で“exciting”, “surprising”, “interesting”のような“-ing”で終わる形容詞は,基本的に主語が「もの」のときに使います。

Look. Here’s an article about our future jobs.

“Here’s~”「~がある,ここは~だ」という意味になります。

What does it say?

“say”は「言う」という動詞ですが,「(手紙,新聞,本などに)~と書いてある」という意味でも使います。しっかり訳せるようにしておきましょう。

“it”“an article”を指しています。

It says some jobs will disappear in the future.

この文は「接続詞that」が使われていて,今回は省略されています。

“job”「仕事」で,“disappear”「なくなる,消える」という動詞です。

“in the future”「将来」という重要表現ですよ。

Really? How about translators, my dream job?

“how about~?”「~はどうですか」という重要表現です。

“translator”「翻訳家」という名詞ですね。

“translators”“my dream job”はイコールの関係性ですね。このように名詞を言い換えた語のことを同格語と言います。

Let’s see …. Oh, I’m surprised to see this.

“Let’s see”「ええと」といった表現です。会話で使うものですね。

この文は最初に解説した文とほとんど同じです。「不定詞の副詞的用法」が使われています。

According to this article, AI will take some translation jobs away.

“according to~”「~によると」という重要表現です。

“take A away”「Aを奪う,取り上げる」という意味になります。

“translation”「翻訳」という名詞ですね。

I’m sorry to hear that.

“sorry”「残念で,すまなく思って」という形容詞です。

“that”「AIが翻訳の仕事を奪ってしまう」ことを指していますね。

そしてこの文も「不定詞の副詞的用法」が使われています。

I’m going to visit translation company on Career Day.

この文は「未来形」になっていますね。

“company”「会社」“Career Day”「職場体験日」です。

Maybe you can get some advice there.

“maybe”「多分」という副詞です。“advice”「助言」という数えられない名詞(不可算名詞)です。

“some”「いくつかの」という意味で,たくさんはないけど複数あることを意味します。

そして“some”の後ろには,数えられる名詞(可算名詞)と数えられない名詞(不可算名詞)のどちらも置くことができます。

また,“some”は疑問文のときには使えず,その場合は“some”の代わりに“any”を使います。

“there”「そこで」という副詞で,今回は“translation company”のことですね。

Unit3 Scene2 まとめ

以上がUnit3 Scene2の日本語訳となります。

ここでは「不定詞の副詞的用法」が使われていますね。しっかり理解していきましょう!

>中2NEW HORIZON Unit3 Scene1 本文和訳

>中2NEW HORIZON Unit3 Read & Think1 本文和訳

>中2NEW HORIZON Unit3 Read & Think2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit3中2NEW HORIZON 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント