中1NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit10 Part3 本文和訳

Unit10

東京書籍 中学1年生 NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit10 Part3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit10-1,10-2の解説はこちらからご覧ください。

>中1NEW HORIZON Unit10 Part1 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit10 Part2 本文和訳

令和4年度版 NEW HORIZON English Course 1  [令和3年度改訂] 中学校用 文部科学省検定済教科書 [英語701] 東京書籍

Unit10 Part3 本文と日本語訳

Asami: What did you do on New Year’s Day?

「元日は何した?」

Meg: I got up early and went to a shrine with my family.

「早起きして家族と一緒に神社に行ったよ。」

Asami: That’s nice.

「それは良いね。」

Did you eat any traditional New Year’s food?

「伝統的な新年の食べ物は何か食べた?」

Meg: Yes, we did. We ate osechi.

「うん。おせちを食べたよ。」

Asami: Did you and your parents make it?

「あなたと両親がそれを作ったの?」

Meg: No, we didn’t.

「ううん。」

Kaito’s mother made some and brought it to us.

「カイトのお母さんが作ってくれて,それを私たちに持ってきてくれたの。」

Asami: How nice!

「良いね!」

Meg: How about you?

「あなたはどう?」

What did you do?

「何したの?」

Asami: Nothing special.

「特別なことはしてないよ。」

We didn’t go anywhere.

「どこにも行かなかったわ。」

We just relaxed at home together.

「ただ家で一緒にくつろいでいたよ。」

Unit10 Part3 重要事項の解説

What did you do on New Year’s Day?

この文は「一般動詞の過去形」の疑問文になっていますね。

“New Year’s Day”「元日」のことです。

I got up early and went to a shrine with my family.

“got”“get”の過去形です。“get up early”「早起きする」という意味ですね。

“shrine”「神社」という名詞です。

“with”前置詞「~と一緒に」と訳すことが多いですが,必ずしも後ろに人が来るわけではありません。イメージとして「~とセットで」と覚えておきましょう。

訳し方としては「~を使って」「~で」など文脈に合わせて柔軟に変えてあげましょう。

That’s nice.

“That”は直前の文全体を指しています。

Did you eat any traditional New Year’s food?

“any”は疑問文で使うと「いくつか,何か」といった意味になります。

“traditional”「伝統的な」という形容詞ですね。

Yes, we did. We ate osechi.

前の疑問文の主語である“you”「あなたたち」という複数の意味で使われています。

そのため答えの文では“we”を使っていますね。

“ate”“eat”の過去形です。

Did you and your parents make it?

” parent”「親」という名詞になります。

“it”“osechi”を指しています。

Kaito’s mother made some and brought it to us.

名詞に‘sを付けると「~の」という所有を表します。

直前の名詞が複数形のときは” teachers “のようにアポストロフィーだけを最後に付けます。

“made”“make”の,“brought”“bring(を持ってくる)”の過去形です。

“some”「いくつかの」という形容詞で,後ろには“osechi”が省略されていますね。“some”は数えられる名詞(可算名詞)と,数えられない名詞(不可算名詞)のどちらにも付けられます。

“it”“some osechi”を指しています。“osechi”不可算名詞なので単数扱いになります。

How nice!

この文は「感嘆文」になっていますね。

“How 形容詞/副詞!”「なんて~なんだ!」と驚きや感動を表す意味になります。

ただ,和訳では「良いね」とだけ訳しています。

How about you?

“How about~?”「~はどう?」という重要表現になります。

Nothing special.

“nothing”「何もない」という名詞で,“special”「特別な」という形容詞ですね。

“something”など”-thing”で終わる名詞を形容詞で修飾するときは,必ず後ろから修飾します。

“special nothing”とはならない点に要注意です!

We didn’t go anywhere.

“anywhere”「どこかに,どこにも」という副詞になります。

We just relaxed at home together.

“just”「ただ~だけ,ちょうど」“together”「一緒に」といった副詞です。

“relax”「くつろぐ,リラックスする」という動詞ですね。

Unit10 Part3 まとめ

以上がUnit10 Part3の日本語訳となります。

ここでは「過去形」がポイントです。意味と使い方をしっかりと理解しておきましょう!

>中1NEW HORIZON Unit10 Part1 本文和訳

>中1NEW HORIZON Unit10 Part2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit10中1NEW HORIZON 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント