中1NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson3 Part2 本文和訳

Lesson3

三省堂 中学1年生 NEW CROWN(ニュークラウン) Lesson3 Part2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Lesson3-1, 3-3の解説はこちらからご覧ください。

>中1NEW CROWN Lesson3 Part1 本文和訳

>中1NEW CROWN Lesson3 Part3 本文和訳

Lesson3 Part2 本文と日本語訳

Is this Wakaba Shrine?

「これはワカバ神社ですか?」

Yes, it is.

「はい,そうです。」

No, it is not.

「いいえ,違います。」

What is this?

「これは何ですか?」

It is a library.

「それは図書館です。」

Dinu: I’m at Wakaba Shrine.

「僕はワカバ神社にいるよ。」

What’s this?

「これは何?」

Kate: It’s an ema.

「それは絵馬だよ。」

People write their wishes on one side.

「片面に願いを書くの。」

Dinu: That’s interesting.

「それは面白いね。」

Is it a souvenir?

「絵馬はお土産なの?」

Kate: No, it isn’t. People leave their ema at the shrine.

「ううん。絵馬は神社に置いていくの。」

Dinu: I see.

「そうなんだ。」

Lesson3 Part2 重要事項の解説

What is this?

この文では「疑問詞what」が使われていますね。

“this”「これは」という代名詞ですね。「この」という形容詞の意味もあります。

It’s an ema.

“this”か”that”が主語の疑問文に対しては,必ず”it”を主語にして答えてあげます。

“it”「それは,それを」という代名詞です。

また,“ema”は初めの発音が母音なので,冠詞は“a”ではなく“an”になっていますね。

People write their wishes on one side.

“people”「人々」という複数を表す名詞です。“write”「を書く」という動詞ですね。

“their”「彼らの,それらの」という代名詞で,今回は“people”を指しています。

“wish”「願い」という名詞で,“on one side”「片側に」という表現です。

That’s interesting.

“interseting”「面白い,興味深い」という形容詞です。

“that”は「あれは,あの」という意味ですが,直前の文を指して「それは」と訳すことも多いです。

今回は「それは」で訳して,内容は直前の「絵馬の片面に願いを書く」ことを指していますよ。

Is it a souvenir?

“it”“ema”を指していますね。

“souvenir”「お土産」という名詞です。

No, it isn’t. People leave their ema at the shrine.

“leave”「出発する,去る」といった,「ある場所から離れる」というイメージを持つ動詞です。訳は文章に応じて柔軟に変えてあげましょう。

また,「を置き忘れる,残す,ままにする」といった意味もあります。今回はこっちの意味で「置いていく」くらいで訳してあげましょう!

I see.

“I see.”「そうなんだ,へえ,なるほど」といった相槌になります。

Lesson3 Part2 まとめ

以上がLesson3 Part2の日本語訳となります。

ここでは「this/that」の使い方をしっかりと覚えましょう!

>中1NEW CROWN Lesson3 Part1 本文和訳

>中1NEW CROWN Lesson3 Part3 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Lesson3中1NEW CROWN 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント

  1. 夜光流星 より:

    学校に教科書を忘れてしまって、練習ができなかったので、助かりました!
    分かりやすい解説もつけてくださり、ありがとうございました!