中2NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit4 Scene2 本文和訳

Unit4

東京書籍 中学2年生 NEW HORIZON(ニューホライズン) Unit4 Scene2の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Unit4-1とRead & Think1と2の解説はこちらからご覧ください。

>中2NEW HORIZON Unit4 Scene1 本文和訳

>中2NEW HORIZON Unit4 Read & Think1 本文和訳

>中2NEW HORIZON Unit4 Read & Think2 本文和訳

Unit4 Scene2 本文と日本語訳

What are the Wilson family’s house rules?

「ウィルソン家のルールは何ですか?」

Kaito: Are there any house rules?

「何か家のルールはありますか?」

Mrs. Wilson: Yes. You must come home by six.

「あるわ。6時までに家に帰ってくるようにね。」

Kaito: Six o’clock? Isn’t that a little early?

「6時?それは少し早くないですか?」

Mrs. Wilson: Well, we have dinner at six.

「えっとね,うちは6時に夕食を食べるの。」

Kaito: I see.

「分かりました。」

Mrs Wilson: And if you have a special plan later in the evening, you must not go out alone.

「あともし夕方遅くに特別な予定がある場合,1人で外に出てはダメよ。」

Kaito: Oh, …. Isn’t it safe in the evening?

「はい…夕方は安全ではないんですか?」

Mrs. Wilson: No, not for young boys and girls.

「若い男の子と女の子には安全じゃないの。」

I’ll take you there and pick you up.

「私がそこに連れていくし,迎えに行くわ。」

Kaito: OK. I understand.

「分かりました。」

Unit4 Scene2 重要事項の解説

Are there any house rules?

この文では「there構文」が使われていますね。

“any「いくつかの,何か」という意味で,たくさんはないけど複数あることを意味します。日本語訳するときは訳さないことも多いです。

そして“any”の後ろには,数えられる名詞(可算名詞)と数えられない名詞(不可算名詞)のどちらも置くことができます。

また,“any”は肯定文のときには使えず,疑問文の場合は“any”の代わりに“some”を使います。

Yes. You must come home by six.

この文では「助動詞must」が使われていますね。“come home”「帰宅する」という意味です。

“by”は前置詞で「~までに」という期限を表します。他にも手段や方法を表す「~によって」や,場所を表す「~のそばに」という意味もあります。

Six o’clock? Isn’t that a little early?

この文では「否定疑問文」が使われています。疑問文の最初を否定形にすることで,「~ではないですか?」という意味にすることができます。

“that”「6時までに帰宅しなければいけないこと」を指していますね。

“a little”「少し」という意味で,“a little bit”でも“a  bit”でも同じ意味合いになります。

ちなみに数の表現としても使うことができます。

“a little”「少しの」ですが,これは後ろに不可算名詞(数えられない名詞)が来ます。

“a few”「少しの」という意味で,後ろには可算名詞(数えられる名詞)が来ます。

両者の違いは覚えておきましょう。

I see.

“I see.”「そうなんだ,へえ,なるほど」といった相槌になります。

And if you have a special plan later in the evening, you must not go out alone.

この文では「接続詞if」が使われていますね。

“special”「特別な」という形容詞で,“plan”「計画,予定」という名詞,“later”「後に,あとで」という副詞です。

“in the evening”「夕方に」という表現ですね。

後半の文では「助動詞must」否定形になっているので,「~してはいけない」と訳す点に注意しましょう!

“go out”「外出する」“alone”「1人で」という副詞です。

Oh, …. Isn’t it safe in the evening?

この文でも「否定疑問文」が使われていますね。

“safe”「安全な,無事な」という形容詞です。

No, not for young boys and girls.

「否定疑問文」に対する答え方は,ふつうの疑問文に対する答え方と同じです。

つまり今回だと“Is it safe in the evening?”という疑問文だと考えます。そのため「安全」なら”Yes”で,「安全ではない」なら”No”となります。

日本語で返答を考えると,英語の答え方とは逆になってしまうので要注意です!

“for”は前置詞で,「~にとって」という意味になります。

I’ll take you there and pick you up.

この文は「未来形」になっていますね。

“take”「を連れていく,持っていく,とる」という動詞です。

“pick up~”「を拾う,を迎えに行く」という意味で,もし目的語が代名詞なら”pick 代名詞 up”という語順になります。

今回は目的語“you”なので,“pick you up”になっているんですね。

Unit4 Scene1 まとめ

以上がUnit4 Scene2の日本語訳となります。

ここでは「助動詞must」が使われていますね。しっかり理解していきましょう!

>中2NEW HORIZON Unit4 Scene1 本文和訳

>中2NEW HORIZON Unit4 Read & Think1 本文和訳

>中2NEW HORIZON Unit4 Read & Think2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Unit4中2NEW HORIZON 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!
中高生向け学習支援サイト

コメント