高1CROWN English Communication1 Lesson4 Section3 本文和訳

Crown Lesson4

三省堂 高1CROWN English Communication1 Lesson4 Section3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Section4-1, 4-2, 4-4の解説はこちらからご覧ください。

>高1CROWN English Communication1 Lesson4 Section1 本文和訳

>高1CROWN English Communication1 Lesson4 Section2 本文和訳

>高1CROWN English Communication1 Lesson4 Section4 本文和訳

created by Rinker
¥1,100 (2024/05/26 22:50:25時点 楽天市場調べ-詳細)

CROWN English Communication1 Lesson4 Section3 本文と日本語訳

3 The mystery of dogu

「3 土偶の謎」

Thank you, Misaki.

「ミサキ,ありがとう。」

The Jomon people created all kinds of artifacts.

「縄文人は様々な遺物をつくりました。」

In our presentation, however, we’d like to talk about dogu.

「しかし,僕たちのプレゼンテーションでは,土偶について話したいと思います。」

Let’s take a look at five dogu which are very important cultural treasures.

「たいへん重要な文化財である5つの土偶を見てみましょう。」

The first one, “Jomon Venus,” probably represents a pregnant woman (cf. photo 6).

「1つ目の土偶である『縄文のビーナス』はおそらく妊娠した女性を表しています。(写真6参照)」

The second one, “Jomon Goddess,” looks very modern (cf. photo 7).

「2つ目の『縄文の女神』はとても現代的に見えます。(写真7参照)」

Some people think that the third one represents a pregnant woman praying for a healthy baby (cf. photo 8).

「3つ目は健康な赤ちゃんを祈っている妊娠した女性を表していると考える人もいます。(写真8参照)」

The last two are unique in design (cf. photos 9 & 10).

「最後の2つはデザインが独特です。(写真9と10参照)」

Look at the triangular mask in the fourth one, and the heart-shaped face in the last one.

「4つ目の三角形の仮面と,5つ目のハートの形をした顔を見てください。」

You may wonder why the Jomon people created dogu.

「なぜ縄文人は土偶をつくったのかと不思議に思うかもしれません。」

Perhaps they were obsessed with dogu.

「おそらく,彼らは土偶にとりつかれていたのです。」

After all people have found more than 18,000 dogu throughout Japan.

「結局,日本の至るところで18,000以上の土偶が見つかっています。」

Researchers are trying to figure out the true reason behind the creation of dogu, but it still remains a mystery.

「研究者は土偶の創作の裏にある本当の理由を解明しようとしていますが,いまだに謎のままです。」

Perhaps they were used for rituals.

「おそらく,土偶は儀式のために使われました。」

Or maybe they were just toys.

「または,ひょっとしたらただのおもちゃだったかもしれません。」

We don’t know what the real purpose of dogu was, but we do know that they were an important part of the Jomon people’s life.

「僕たちは土偶の本当の目的が何だったのか分かりませんが,土偶は縄文人の生活の重要な一部だったことは分かります。」

Finally, our last speaker is Ayumi.

「最後にアユミが話します。」

CROWN English Communication1 Lesson4 Section3 重要事項の解説

3 The mystery of dogu

“mystery”「謎,不思議」という名詞です。

“of”は前置詞で,”A of B”の形で「BのA」というように後ろから前に訳します。

The Jomon people created all kinds of artifacts.

“create”「を創る,生み出す」という動詞ですね。

“all kinds of 名詞”「様々な,ありとあらゆる」といった意味になります。

“artifact”「遺物,人工物」といった名詞です。

In our presentation, however, we’d like to talk about dogu.

“however”「しかし」という意味の副詞になります。

同じ意味で“but”がありますが,こちらは接続詞なので品詞が異なります。“but”は“文A,but 文B”というように,2つの文を繋ぐ際に使います。

“文A. But 文B.”というように,“but”を文の先頭に置いて1文だけで完結させるのは原則NGとなります。

“would like”“want”と同じ「が欲しい」という意味で,“would like to 動詞の原形”「~したい」という重要表現になります。

Let’s take a look at five dogu which are very important cultural treasures.

“Let’s 動詞の原形”「~しましょう」ですね。

同じ意味で“Shall we~?”“Why don’t we~?”もあるのでセットで覚えましょう!

“take a look at~”「を見てみる」という意味です。

“which”「主格の関係代名詞」で,“which are very important cultural treasures”が先行詞“five dogu”を修飾していますね。

“cultural”「文化的な」という形容詞で,“treasure”「宝物,財宝」という名詞です。

“cultural treasure”「文化財」となります,

The first one, “Jomon Venus,” probably represents a pregnant woman (cf. photo 6).

“first”「最初の,1番目の」という形容詞です。

“one”代名詞で,直前に出てきた名詞と同じ種類のものを指します。今回でいうと「土偶」ですね。

間違えやすいのが“it”との違いで,“it”は直前に出てきた名詞そのものを指します。例文で確認しましょう。

I lost my pen. Do you have it?

「私はペンを失くしました。あなたはそれ(私のペン)を持っていますか」

この”it”は私が失くした”my pen”そのものを指しています。

I lost my pen. Do you have one?

「私はペンを失くしました。あなたはペン(ペンなら何でもOK)を持っていますか」

この”one”はペンすべてを指すので,”my pen”を指しているわけではありません。「ペンを失くしたので,代わりのペンは持っていますか(借りていいですか)」というニュアンスになるということです。

“probably”「多分,おそらく」という副詞で,“represent”「を表す,代表する」という動詞です。

“pregnant”「妊娠した」という形容詞ですね。

cf.”とはラテン語“confer”の略語で,「~を参照してください」「~と比較してください」という意味がありますよ。

The second one, “Jomon Goddess,” looks very modern (cf. photo 7).

“second”「2番目の」という形容詞です。“goddess”「女神」という名詞ですね。

“look 形容詞”「~に見える」という重要表現で,“modern”「現代の」という形容詞になります。

Some people think that the third one represents a pregnant woman praying for a healthy baby (cf. photo 8).

“some~”が主語の文は「~もいる」くらいで訳せばOKです。

“think”の後ろには「接続詞that」がありますね。

“third”「3番目の」という形容詞です。

“pray”「祈る」という動詞で,ここでは「現在分詞」として“a pregnant woman”を修飾しています。

“healthy”「健康的な」という形容詞になります。

The last two are unique in design (cf. photos 9 & 10).

“unique”「独特な,珍しい,唯一の」といった形容詞で,“be unique in design”「デザインが独特な」という意味になります。

Look at the triangular mask in the fourth one, and the heart-shaped face in the last one.

“triangular”「三角形の」という形容詞で,“mask”「仮面,マスク」という名詞です。

“fourth”「4番目の」“heart-shaped”「ハートの形をした」という形容詞になります。

You may wonder why the Jomon people created dogu.

“may”「~かもしれない」という助動詞ですね。

“wonder”「を不思議に思う」という動詞で,その後ろは「間接疑問文」になっています。

Perhaps they were obsessed with dogu.

“perhaps”「多分,おそらく」という副詞です。“prpbably”より低い可能性を示します。

“they”“the Jomon people”を指していて,“be obsessed with~”「~にとりつかれる,夢中になる」という意味になります。

After all people have found more than 18,000 dogu throughout Japan.

この文では「現在完了」が使われていますね。

“after all”「結局」という重要表現になります。

“found”“find(を見つける)”の過去分詞形で,“throughout”「~の至るところに」という前置詞になります。

“more than~”「~より多くの」という意味です。“over”も同じ意味があります。

ただし,人口や年月など元の数が大きい場合,つまりその数を含んでいるかが問題でない場合は「~以上」と訳してもOKです。

Researchers are trying to figure out the true reason behind the creation of dogu, but it still remains a mystery.

“researcher”「研究者,調査員」という名詞です。

“try to 動詞の原形”「~しようとする」“figure out”「を解明する,理解する」という重要表現で,さらにここでは「現在進行形」になっていますね。

“true”「真の,本当の」という形容詞で,“reason”「理由」“creation”「創作,創造」という名詞ですね。

“behind”「~の後ろに,裏側に」という前置詞で,“still”「まだ,いまだに」という副詞です。

“it”“the true reason behind the creation of dogu”を指していて,“remain”「~のままである,残っている」という動詞になります。

Perhaps they were used for rituals.

“they”“dogu”を指していて,“ritual”「儀式」という名詞です。

また,この文は「受動態」になっていますね。

Or maybe they were just toys.

“maybe”「多分,ひょっとしたら」という副詞で,“perhaps”と同じくらいの可能性を示します。

“just”「ただ~だけ,ちょうど」といった副詞で,“toy”「おもちゃ」という名詞ですね。

We don’t know what the real purpose of dogu was, but we do know that they were an important part of the Jomon people’s life.

“We don’t know”の後ろは「間接疑問文」になっていて,“real”「本当の」という形容詞,“purpose”「目的」という名詞です。

“know”の前の”do”は「強調」を示すもので,強調したい一般動詞の前に置いて使います。

後ろには「接続詞that」がありますね。

“they”“dogu”を指していて,“a part of~”「~の一部」という重要表現です。

名詞に‘sを付けると「~の」という所有を表します。

直前の名詞が複数形のときは” teachers “のようにアポストロフィーだけを最後に付けます。

“life”「生活,人生」という名詞ですね。

Finally, our last speaker is Ayumi.

“finally”「最終的に,いよいよ」という副詞です。

この文は直訳はしにくいのでだいぶ意訳しました。

CROWN English Communication1 Lesson4 Section3 まとめ

以上がCROWN English Communication1 Lesson4 Section3の日本語訳となります。

「間接疑問文」の使い方をしっかり確認しておきましょう!

>高1CROWN English Communication1 Lesson4 Section1 本文和訳

>高1CROWN English Communication1 Lesson4 Section2 本文和訳

>高1CROWN English Communication1 Lesson4 Section4 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Crown Lesson4
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!

コメント