中1 Sunshine(サンシャイン) Program2 Scenes 本文和訳

Program2

開隆堂 中学1年生 Sunshine(サンシャイン) Program2 Scenesの本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Program2-1, 2-2の解説はこちらからご覧ください。

>中1Sunshine Program2 Part1 本文和訳

>中1Sunshine Program2 Part2 本文和訳

Program2 Scenes 本文と日本語訳

I have an apple for a snack.

「おやつにリンゴが1個あるよ。」

Oh, …. I don’t like apples.

「あ,僕はリンゴが好きじゃないんだ。」

I eat five bananas for a snack.

「おやつにバナナを5本食べるよ。」

Do you often climb mountains?

「よく山は登る?」

Yes, I do.

「うん。」

When do you climb?

「いつ登るの?」

On weekends.

「週末だよ。」

Program2 Scenes 重要事項の解説

I have an apple for a snack.

“have”「を持っている」という一般動詞ですね。他にも「がある,を飼う,を食べる」などの意味があるので,文章に応じて使い分けてあげましょう。

冠詞の”a”は,後ろの名詞の最初の発音が母音のときに”an”になります。

“snack”「おやつ,軽食」という名詞で,“eat ~ for a snack”「おやつに~を食べる」という意味になります。

Oh, …. I don’t like apples.

この文は「一般動詞の否定文」になっていますね。

“apples”“s”が付いて複数形になっています。

もしこれを“I don’t like an apple.”と単数形にしてしまうと,「ある1つのリンゴが好きではない」というニュアンスになってしまうので,変な感じで伝わってしまいます。

リンゴ全般を示すのが普通なので,こういった表現の時は必ず複数形にしてあげましょう。

I eat five bananas for a snack.

“eat”「食べる」という一般動詞ですね。

“five”があるので,”bananas”と複数形の”s”が付いています。

Do you often climb mountains?

この文は「一般動詞の疑問文」になっていますね。

“climb”「を登る」という一般動詞です。発音は「クライム」で,スペルには発音しない“b”が入っているので要注意です!

“mountain”「山」で,これもある1つの山だけを登るわけではないので複数形になっています。

often「よく」という意味の頻度を表す副詞です。他には“usually(普段は)”always(いつも)”“sometimes(時々)”“never(絶対にない)”などがあります。

頻度の感覚としては,always(100%)>usually(90%)>often(70%)>sometimes(50%)>never(0%)といった具合になります。

また,頻度を表す副詞はどこに置くのかも重要です。置く位置は,文章で使われている動詞によって変化します。

一般動詞の場合はその前be動詞の場合はその後ろに置きます。以下に例文を挙げておきます。

一般動詞:I usually play soccer on Saturdays.「土曜日にたいていサッカーをする」

be動詞:He is often sleepy.「彼はよく眠そうにしている」

When do you climb?

“when”疑問詞「いつ」という意味です。

疑問詞は必ず疑問文の先頭に付けてあげます。

On weekends.

“weekend”「週末」という名詞です。これも複数形になっていて,複数形だと「毎週末」といったニュアンスになります。

また,「週末に」や「~曜日に」と表現するときは必ずその前に”on”を入れてあげます。

Program2 Scenes まとめ

以上がProgram2 Scenesの日本語訳となります。

「一般動詞」を使った表現を確実にマスターしましょう!

>中1Sunshine Program2 Part1 本文和訳

>中1Sunshine Program2 Part2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

Program2中1Sunshine 日本語訳
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!

コメント