教室の中で座って先生の授業を受けることができない、集中力が続かないため授業についていくことができないなど、発達障害や学習障害の子どもは「みんなと同じことができない自分」に大きな悩みを抱えているものです。

そんなお子さまの悩みを『すらら』で解決してみませんか?すららなら、発達障害や学習障害の子どもが落ち着いて、楽しく学習できる環境を備えていますよ。

 

オンライン教材『すらら』は、発達障害や学習障害の子どもにぴったり!

すらら

 

すららは自宅のパソコンやタブレットで学習できるオンライン教材です。

革新的かつ子どもを飽きさせない対話型eラーニング授業が高評価を得ており、2017年春には受講者が4万人を突破するほどの人気を博しています。

 

そんなすららは発達障害や学習障害の子どもにもぴったりの学習教材。

発達障害や学習障害の子どもは他人とのコミュニケーションが苦手だったり、集中力が続かなかったり、音に敏感だったりするので、学校での集団授業で落ち着いて学習することが難しいものです。

しかし、すららなら自宅という落ち着いた環境で、パソコンやタブレットを介して授業を受けることができるので大丈夫。

自宅なら先生もクラスメイトもいませんから、他人とのコミュニケーションが苦手なお子様でもストレスを感じることなく勉強に集中することができるのです。

また、集中力が途切れて聞き逃してしまった箇所も、何度も巻き戻して聞き直すことができますから、聞き逃しの多いお子さまも負担が少なく勉強を進めていくことができますよ。

 

>>『すらら』公式サイトへ

 

対話型のレクチャー機能が興味を惹く!発達障害や学習障害でも集中力が続く学習法

 

発達障害や学習障害に苦しむ子どものなかには、たとえ落ち着いた環境があっても「興味のあることしかできない」というお子さまもいます。

興味のあることにはとことんのめり込むことができるのに、興味がなければ全く無関心。

この集中力を勉強に活かすことができればどれだけ良いものか、と残念に思っている保護者さまも多いことでしょう。

 

すららなら、そのような特性を持つお子さまも自分から興味を持って取り組めるように、発達科学研究所と共同で開発した「対話型授業システム」を採用し、様々な工夫をレクチャー(授業)のなかに盛り込んでいるから安心。

1単元が約15分のレクチャーは、声優を起用した先生役のキャラクターが抑揚のある聞き取りやすい説明を展開してくれるのでお子さまが途中で飽きてしまうことがありません。

説明の速度もややゆっくりのスピードですから、発達障害や学習障害の子どもでも頭に入りやすく、自然に興味を持たせてすららの世界に引き込むことができるのです。

まるでTVゲームで遊んでいるような感覚で学習することができますから、無理なく楽しく学習習慣をつけていくことが可能ですよ。

 

すららの発達障害や学習障害サポート

 

「わからない」が「できる」に変わる!“無学年方式”が魅力的なすらら

 

国語はできるけれど算数は苦手、算数は得意だけれど国語は理解しづらい。

発達障害や学習障害に悩む子どもは高い学習能力を持ちながらも、得意・不得意のアンバランスさが際立つ特性ゆえ、習得度に差が出てしまい勉強に対する意欲が低下しがちです。

また、同じ教科のなかでも理解しやすい単元となかなか理解が定着しない単元の差も大きいため、なかなか得意教科に繋がらず自信を失いがちでもあります。

 

しかし、そんな子どものためにすららは“無学年方式”を採用。

わからないままになっていた単元も過去の学年にさかのぼって復習することができるから、失った自信をしっかり取り戻すことができるのです。

わからないところがあっても何度も戻って、理解するまでやり直すことができる。

そんな安心感がすららの最大の特徴。

「もしダメでも、何度でもやり直せる」という安心感を持てることは、発達障害や学習障害の子どもにとって大きな展望となるでしょう。

 

自信が積み重なる!子どもの学力に応じた問題を出題『難易度コントロール』

 

すららは、レクチャーの内容をすぐにその場で確認、添削、知識を定着させてくれるドリル機能も優秀です。

せっかく頑張って理解したことも、興味がないとすぐ忘れてしまうのも発達障害や学習障害に苦しむ子どもにありがちなこと。

かといって、出てきた問題がその子に見合った難易度でないと取り組んでも、結局「わからない」が増えてしまう事態になってしまいます。

 

そうならないための対策もすららなら万全。

すららのドリル機能で出題される問題は、その子の学力に応じた難易度の問題がシステムから自動分析されて出題されるようになっています。

すぐ解けてしまうようなレベルでも、お手上げになってしまうようなレベルでもない。

すららはひとり1人に見合ったちょうど良いレベルの問題を出題してくれるから、「できる」という自信を自然に積み上げることができるのです。

 

みんなと同じようにできないことで自信を失ってしまっているのが発達障害や学習障害の子どもたち。

そんな彼らの失った自信を再び積み重ねていくことができる教材だということも、すららの大きな魅力であると言えるでしょう。

 

※↓↓すららのドリル機能や難易度コントロールはこんな感じです↓↓

 

数や言葉の発達に偏りがある学習障害の子どもにも適したすらら独自の仕組み

 

さらに、すららは数や言葉の発達に偏りがある学習障害の子どもに配慮した授業内容であることも魅力のひとつです。

学習障害をもつ子どもは、小学生になるまでの期間に基礎的な数や言葉の感覚を習得することに遅れや偏りが見られることで親が不思議に思い発覚するケースが多いですよね。

親が普段から全く話しかけていないわけでもなく、勉強を見てあげていないわけでもない。

それなのに、「なかなか語彙が増えない」「文章を正しく組み立てて話すことができない」「数の概念をつかみにくい」など様々な症状を呈する症状なのです。

 

そんな学習障害の子どもには、授業にきちんとその子に応じた配慮をすることが必要。

すららの国語のレクチャーは文字の形と読み方を一致させる力や、文章を正しく組み立てる力、そして、文章を読んで理解する力をトータルで促せるように配慮されています。

また、算数のレクチャーにおいては数や図形を瞬時に読み取る力、抽象的な算数独特の概念を理解する力を繰り返し取り入れることによって、知識の定着を支援できるよう配慮された内容となっています。

これなら、数や言葉に偏りのある子どもでも、すららのレクチャーに興味を持って取り組むことができることでしょう。

 

すららコーチのサポートが充実!発達障害や学習障害の子どもと親が安心できる

すららコーチ

 

すららは、発達障害や学習障害の子どもの特性に寄り添いながら学力を伸ばしていけるだけでなく、子どもと親のサポート体制も充実した頼もしいインターネット教材。

発達障害や学習障害を持つ子ども、そして親は適切なサポートを受ける機会が少ないため、「こんなときどうすれば良いのだろう」という不安を常に抱えて孤独になってしまっているものです。

以前に比べて、発達障害や学習障害に対する社会的な認知、親や子どもに対する支援は拡がってきてはいるものの、現実的にはまだまだ不十分であると言えるでしょう。

 

そのような問題もすららであれば、発達障害や学習障害の子どもを指導した経験のある現役塾講師『すららコーチ』によって万全のサポートを受けることが可能です。

電話やメールなどで、すららコーチからその子に応じた指導法をアドバイスしてもらえることができますから、親子ともに安心して勉強に励むことができますよ。

 

すらら総評!発達障害や学習障害の子どもが伸びる

 

発達障害や学習障害の子どもが無理なく楽しんで取り組めるオンライン教材『すらら』をご紹介いたしました。

もう一度要点をまとめると、

 

icon-point-b-r

  • 自宅という落ち着いた場所でオンライン学習
  • ゲーム感覚で発達障害や学習障害の子どもでも興味を惹きつける
  • わからなくても何度でもやり直せる無学年方式
  • その子に応じた問題が自動分析されドリルで出題される
  • 学習障害の子どもに配慮した授業内容
  • 発達障害や学習障害児の指導経験豊富なすららコーチによるサポート体制

 

発達障害や学習障害の子どもにとって、すららはこれだけのメリットがあるんです。

これだけ手厚い学習システムですから、親子ともに安心してすららを試してみることができるでしょう。

気になった方はぜひお子さまと一緒に無料体験を受けてみて下さい。

すららなら、発達障害や学習障害があってもきっと楽しく勉強することができるようになりますよ!

 

>>まずはすらら公式サイトで無料体験&資料請求!