高1APPLAUSE Lesson4 Section3 本文和訳

APPLAUSE Lesson4

開隆堂 高1APPLAUSE Lesson4 Section3の本文の日本語訳と重要箇所の解説です。

Lesson4-1, 4-2の解説はこちらからご覧ください。

>高1APPLAUSE Lesson4 Section1 本文和訳

>高1APPLAUSE Lesson4 Section2 本文和訳

created by Rinker
¥1,100 (2024/07/14 23:40:36時点 楽天市場調べ-詳細)

APPLAUSE Lesson4 Section3 本文と日本語訳

When we board an airplane, flight attendants welcome us with a smile.

「飛行機に乗ると,客室乗務員が私たちを笑顔で迎えてくれます。」

We sometimes see them in their functional or traditional uniforms.

「時々彼らが機能的,または伝統的な制服を着ているのを目にします。」

Their uniforms are also changing.

「彼らの制服も変化してきています。」

They ensure our safety and comfort.

「彼らは私たちの安全と快適さを確保しています。」

The highlight of the flight for us is often the meal.

「私たちにとってフライトでの楽しみはしばしば食事になります。」

Most airlines offer some sort of meal services during flights.

「ほとんどの航空会社は飛行中に何らかの食事サービスを提供します。」

They may be snacks and drinks or an actual meal.

「食事は軽食と飲み物,または実際の食事かもしれません。」

These are also changing.

「これらも変化してきています。」

When passengers can’t eat certain foods because of their religion, health, or any other reason, other food options can be provided.

「乗客が宗教や健康,またはその他の理由から特定の食べ物を食べられないとき,他の食べ物の選択肢を取ることができます。」

The airplane seats are getting more comfortable because they are designed on the basis of human engineering studies.

「飛行機の座席は人間工学の研究に基づいて設計されているので,より快適になってきています。」

The airplane is constantly evolving.

「飛行機は絶えず進化し続けています。」

Would you like to travel abroad by airplane?

「飛行機で海外旅行をしたいですか?」

APPLAUSE Lesson4 Section3 重要事項の解説

When we board an airplane, flight attendants welcome us with a smile.

この文では「接続詞when」が使われていますね。

“board”「に搭乗する」“welcome”「を歓迎する」という動詞です。

“airplane”「飛行機」“flight attendant”「客室乗務員」“smile”「笑顔」という名詞になります。

“with”前置詞「~と一緒に」と訳すことが多いですが,必ずしも後ろに人が来るわけではありません。イメージとして「~とセットで」と覚えておきましょう。

訳し方としては「~を使って」「~で」など文脈に合わせて柔軟に変えてあげましょう。

We sometimes see them in their functional or traditional uniforms.

“sometimes”「時々」という頻度を表す副詞で,頻度を表す副詞が一般動詞とセットの場合は一般動詞の前に置きます。

“them”“flight attendants”を指していますね。

“in 服”「~を着ている」という状態を表す表現になります。

“functional”「機能的な,実用的な」“traditional”「伝統的な」という形容詞で,“uniform”「制服」という名詞です。

Their uniforms are also changing.

この文は「現在進行形」になっていますね。

“also”「また,さらに」といった副詞で,付け加える役割があります。色々な文で使うので必ず覚えましょう!

They ensure our safety and comfort.

“They”“Their uniforms”を指していますね。

“safety”「安全」“comfort”「快適さ」という名詞です。

The highlight of the flight for us is often the meal.

“highlight”「見どころ,目玉」といった,要するに「目立つもの」といった名詞です。

今回は「楽しみ」と少し意訳しました。

“of”は前置詞で,”A of B”の形で「BのA」というように後ろから前に訳します。

“flight”「飛行,フライト」“meal”「食事」という名詞ですね。

“often”「よく,しばしば」という副詞で,頻度を表す副詞がbe動詞とセットの場合はbe動詞の後ろに置きます。

Most airlines offer some sort of meal services during flights.

“most”「ほとんどの」という形容詞です。

“airline”「航空会社」“service”「サービス」という名詞で,“some sort of~”「何らかの~」という意味になります。

“offer”「を提供する,申し出る」という動詞で,“during”「~の間」という重要な前置詞ですね。

They may be snacks and drinks or an actual meal.

“They”“some sort of meal services”を指していますね。

“may”「~かもしれない」という推量を表す助動詞で,“snack”「軽食」という名詞です。

“actual”「実際の」という形容詞になります。

These are also changing.

この文も「現在進行形」になっていますね。

“these”「これらは(の)」という意味で,“this”の複数形になります。

When passengers can’t eat certain foods because of their religion, health, or any other reason, other food options can be provided.

この文では「接続詞when」が使われていますね。

“passenger”「乗客」“religion”「宗教」“health”「健康」“reason”「理由」“option”「選択肢」という名詞です。

“certain”「ある,を確信している」という形容詞で,“any other”「その他の」といった意味になります。

“because of~”「~が理由で,きっかけで」という理由や原因を表す重要表現ですね。

“provide”「を提供する」という動詞で,ここでは「受動態」になっています。

後半の文を直訳すると「他の食べ物の選択肢が提供される」という感じになりますが,少し違和感があるので「他の食べ物の選択肢を取ることができます」としました。

The airplane seats are getting more comfortable because they are designed on the basis of human engineering studies.

この文も「現在進行形」になっていますね。

“get 形容詞”「~になる」という重要表現です。“comfortable”「快適な」という形容詞で,ここでは「比較級」になっていますね。

また「接続詞because」も使われていますね。“They”“The airplane seats”を指しています。

“design”「を設計する,デザインする」という動詞で,ここでは「受動態」になっています。

“on the basis of~”「~に基づいて」という表現で,“human engineering”「人間工学」“study”「研究」という名詞です。

The airplane is constantly evolving.

この文も「現在進行形」になっていますね。

“constantly”「絶えず」という副詞で,“evolve”「進化する,発達する」という動詞です。

Would you like to travel abroad by airplane?

この文は「現在進行形」になっていますね。

“would like~”「~が欲しい」という重要表現です。

“would you like to 動詞の原形”で”want to 動詞の原形”と同じ「~したい」という意味になりますよ。「不定詞の名詞的用法」ですね。

“travel”「旅をする,旅行する」という動詞で,“abroad”「海外に」という副詞です。

“by”“by+乗り物”「交通手段」を表します。その他にも様々な意味があるので,以下に簡単にまとめておきます。

1.受動態とセットで「~によって」

2.”by+乗り物”で「交通手段」

3.「~までに」という期限

4.「~のそばに」という場所を表す

APPLAUSE Lesson4 Section3 まとめ

以上がAPPLAUSE Lesson4 Section3の日本語訳となります。

「現在完了」の文の作り方を確認しておきましょう!

>高1APPLAUSE Lesson4 Section1 本文和訳

>高1APPLAUSE Lesson4 Section2 本文和訳

何か分からない点や他に解説してほしい点があれば,お気軽にコメントしてください!

APPLAUSE Lesson4高1APPLAUSE
その他の記事はこちら!
SNSのフォローもお願いします!

コメント